二泊三日の日光ファミリーキャンプ~世界遺産と天然氷のかき氷を楽しむモデルコース【中禅寺湖&華厳の滝】~

スポンサーリンク




時間を味方につけ、世界遺産と日光グルメを堪能する方法

ブログが更新できていない間、日光へファミリーキャンプに行っていたあやちん(@mile_tabiiku)です。

今回は、日光へキャンプに行った際、我が家が楽しんだルート【1日目編】をご紹介!

 

  • 日光で何ができるの?
  • 日光で美味しいものはなに?
  • 日光って家族でも楽しめる?

 

という、あなたの疑問に答えます。

 

\3分で読める旅行保険節約術


 

日光で世界遺産&絶品グルメを食すニ泊三日のモデルコース

 

上のツイートは、私たちが実際に辿ったルートです。

今回の旅のポイントは大きく分けて2つあります。

 

1つは、世界遺産である日光の社寺(東照宮)へ行くこと。

そしてもう1つが、天然氷のかき氷を食べること。

 

一度日光へ行かれた方ならおわかりかもしれませんが、東照宮近辺は渋滞が激しく、行くタイミングを間違えると長時間も駐車場待機列に並ぶことになり、時間をロスしてしまいます。

そして、天然氷のかき氷屋さんとして有名な「松月氷室」も同様で、何も考えずにフラッと訪ねてもかき氷をいただくことはできません。

 

あやちん
実際に現地に赴き、一番無駄のない時間配分を発見したので、この経験をシェアしますね!

 

ツイートはルートを示しただけでしたが、ブログでは具体的なタイムスケジュールを含め、詳細を公開します。

 

5:30都内自宅→7:45日光

私たちは、5時30分頃に都内の自宅を出発し、日光へ向かいました。

予約していたキャンプ場のチェックインは10時30分。

当然のことながら、チェックインは叶いません。

 

そこでキャンプ場(日光市今市)付近の観光スポットへ繰り出すことにしました。

目的地は下記の2カ所。

 

  1. 中禅寺湖
  2. 華厳の滝

 

です。

 

8:30今市→9:10中禅寺湖

今回利用したキャンプ場は、日光・まなかの森キャンプ&リゾート

キャンプ場から中禅寺湖までは30~40分程度でしたが、間に強烈な渋滞スポットの東照宮があることで、利用する時間によっては渋滞が予想されます。

ゆえに、キャンプに観光を絡めたい場合は早朝現地着が鉄則です。

 

▼駐車場料金

遊覧船乗り場前駐車場に止められれば無料

 

▼キャンプ場から中禅寺湖までの地図

 

中禅寺湖:基本情報

住所日光市中宮祠
交通アクセス日光駅からバスで45分

 

そして、中禅寺湖では遊覧船には乗らずに軽く眺めたところで、車で華厳の滝へ移動。

 

9:30中禅寺湖→9:40華厳の滝着

中禅寺湖から華厳の滝までは車で5~6分の距離です。

駐車場は近くの県営駐車場を利用しましたが、こちらも私たちが出発した時点ですでに駐車待機列ができていたので、早目の行動が時間を味方につけるコツです

 

▼駐車場料金

車種料金
普通車310円
大型バス2,190円
二輪車100円

 

▼中禅寺湖から華厳の滝までの地図

 

 

華厳の滝は、 日本三大名瀑の1つとして知られています(他には、和歌山県:那智の滝、茨城県:袋田の滝)。

無料エリアに加え、滝の目の前まで降りることができるエレベーターは有料です。

 

華厳の滝:基本情報

住所日光市中宮祠2479-2
電話番号0288-55-0030(華厳滝エレベータ営業所)
営業時間8:00~17:00(3月1日~11月30日)
9:00~16:30(12月1日~2月末日)
エレベーター料金大 人:550円(中学生以上)
小学生:330円
幼 児:無料(小学生未満)

 

\華厳の滝の迫力を動画でお楽しみください/

 

日光のトンボはゆるい?

季節柄、日光ではトンボがたくさん飛んでいました。

トンボをいざ捕まえようとすると、なかなか思うようにいきませんが、日光のトンボは素手ですぐに捕まえることたできます。

しかも羽を挟んでいた手を放してみると……

まさかの手乗りトンボ!

おかげで5歳の娘も自力でトンボを捕まえることができるようになりました。

 

11:25華厳の滝→12:05キャンプ場

華厳の滝で日光のB級グルメに舌鼓を打ち、キャンプ場へ向かいます。

 

あやちん
下のツイートで紹介されているゆばカツが美味。お醤油をたっぷりかけていただくのがポイント!

 


 

キャンプ場では、ブランコ、川遊び、釣り堀、虫採りなど子どもが大好きな遊びがたっぷりと楽しめます。

子どもたちが遊んでいる間に、親はテントの設営と食事の支度タイムです。

 

ただし、川遊びの間はしっかりと見守りました。

日光の川はとても綺麗で、冷たくて数十分足をいれているだけで、蒸し暑さも跳ね返せるほど。

とても気持ちが良かったです。

 

\川遊び用にライフジャケット買いました/

 

1日目のまとめ

日光には多くのキャンプ場がありますが、今市に位置する日光・まなかの森キャンプ&リゾートは翌日訪れることになる天然氷のかき氷有名店「松月氷室」にも近く、奥日光の有名観光地+今市グルメも楽しめる好立地でした。

さて、次回は2日目の様子をレポートします。

世界遺産である日光東照宮、松月氷室でいただけるかき氷についてお届けしますのでお楽しみに。

 

また、このキャンプレポートはこちらの順に更新予定で、全5回にわたってお届け予定です。

 

  1. 1日目のタイムスケジュール(今回)
  2. 2日目のタイムスケジュール
  3. 3日目のタイムスケジュール
  4. 日光観光スポット紹介
  5. 日光グルメスポット紹介

 

参考サイト

▼無料で使える!日光のキャンプ場予約に便利なサイト

日本初のキャンプ場予約サイト【J-outdoor】
 

安心ドライブ保障&会員限定割引クーポンでもっとお得に!

日本自動車連盟(JAF)

 

\わが家のキャンプ関連記事も読んでみる/

ヨコザワテッパンと自作鉄板の育て方

2018.07.10

ヒマラヤメンバーズセール 2018 参加レポート【スノーピーク、ユニフレーム、NIKE等、購入品全リスト】

2018.05.21

「ふもとっぱら」1デーキャンプレポート~FJ Campers Days 2017に参加してきた!~

2017.10.17

【静岡のキャンプ場】三ツ星オートキャンプ場/トーマスフェアレポート2017

2017.08.15

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【期間限定】無料で限定セミナー動画14本プレゼント!

改めまして、11歳、6歳の兄妹を育児中のあやちんです。

私は編集者として約20年間出版社に勤務してきました。

 

刺激的な毎日でしたが、朝から晩まで仕事、週末も取材活動などで仕事、家にいても会社からのメールや着信で仕事……とにかく仕事に縛られてきました。

でもそれは、夫と子ども達を守るためだから仕方がないのだと諦めていました。

 

生きていくため、そして子どもに満足な教育環境を与えるためにはお金が必要です。

もう少し自由な職場に変えたいと思っても40代・子持ちでは転職市場でもお荷物でしかありません。

こうなったら自宅で稼げるようになるしかない。

そんな時にふと覗いたYouTubeで知ったのがネットビジネスでした。

 

私がお届けする公式無料メールマガジン「Freelife Letter」では、私がこれまでどんなビジネスで収益を上げてきたのかその手法と思考法の全てを公開しています。

以下の内容に1つでもピン! ときた方はぜひこの機会にご登録ください。

 

  • ブログ初心者が最短で収益化するために必要なものは?
  • 稼げるブロガーと稼げないブロガーに見られる明確な違いとは?
  • 収益化できない最大の理由は○○が多いから。○○の中身と対処法とは?
  • 世の中で仕掛けられているビジネスを例にマーケティングを解説
  • 家族との時間とビジネス、どちらも妥協しないために必要な考え方
  • 意外と見落としがちな全てのビジネスに共通する本質って?

 

今すぐ限定無料セミナー動画14本を受け取る




スポンサーリンク








よく読まれています