ヨコザワテッパンと自作鉄板の育て方

ファミリーキャンプ計画、強化シーズンに入りました!

「旅育」をうたっている本サイトですが、外国や離れた地に行くことだけが「旅育」ではありませんよね?

 

 そうです、山や海遊びも立派な「小さな旅」。 

 

わが家の子どもたちにとっても自然とふれあうことはとっても貴重な体験なので、アウトドア系のイベントには積極的に行くようにしています。

ちなみに、季節モノとして定番の「イチゴ狩り」「潮干狩り」なども、いざやると大人でもかなり楽しいものです(子どもが生まれるまでは夫婦で一度も行ったことはなかったのですが……)。

 

\季節のレジャーは圧倒的にお得な「じゃらん」/

 

そんな「小さな旅」シリーズ(今名付けた)の一環として(シリーズ!?)、昨年から家族ぐるみで強化しているイベントが「アウトドアでのキャンプ」です。

 

そこで今回は、父目線、というか「形から入るのをよしとしする」アウトドア男子として、「家族でキャンプするならコレはおすすめだった~!」という一品を紹介したいと思います。

頑張らない節約で貯金を叶えるブログ『節約リッチ生活』

 

キャンプ飯が確実にグレードアップする”テッパン”のすすめ

 

キャンプを満喫するにはアウトドア料理がかかせません。

ソロキャンプならバーナー、ファミリーであればグリルや焚き火台を使ったBBQが定番です。

 

 そのうえで、最近アウトドア好きの間で話題になっているのが、板厚のある「鉄板」です。 

 

使い方はいたって簡単で、火の上に直接鉄板をのせ、食材を焼く! それだけ。

網焼きと違って食材に均一に熱が入るので、分厚い肉や野菜がめちゃくちゃおいしく食べられるのです。

 

「鉄板」と言っても種類はいろいろあるのですが、オススメはやはり「ヨコザワテッパン」でしょうか。

 

▼鉄板デビューにぴったりの1枚

created by Rinker
ノーブランド
¥4,580 (2018/07/21 22:00:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

ロン
どうです、欲しくなってきませんか?

 

これ、本当にただの鉄板なのですが、アウトドアで必要十分に楽しめるギリギリの小ささを、「A5サイズ」と見いだして厚みにもこだわっているところが素晴らしい一品です。

 

自宅の食卓でも、コレがあればカセットコンロを使って本格的な”鉄板焼き料理”を堪能することができます。

 

 

 

下の写真は、わが家のキャンプで使っているテッパン。

 

 

うちの子どもはコレでピーマンや玉ねぎといった野菜焼きのおいしさに気づき、苦手だった野菜も食べるようになりました。

これぞまさに「食育」!

スポンサーリンク

 

パパにおすすめ、自分だけの”テッパン”を育てる楽しみ

 

さてここからはオマケ。

ご紹介した「ヨコザワテッパン」、知人のキャンパーにもかなり推している一品なのですが、わが家では持っていません(あらら!)。

 

ロン
なぜなら、私が板金の経験あるため鉄板を調達できるからです。つまり、自作の”マイ鉄板”を使っています!

 

見出しにも書いた「テッパンの育て方」ですが、どんな流れででマイ鉄板を育てていくのかを写真で紹介していきます。

 

今回私が切り出したのは6mm厚のほぼB5(長さ260mmx幅180mm)サイズ。

小さいけどこの板厚だと重量は2.2kgもあります。重ッ!

板厚は4.5〜5mmでもいいかもしれません。

サンダーで表面と縁を軽く仕上げ、鉄板は素地のまま。

ただし、このままでは半日放置しただけで赤錆だらけになります。

木材と違いホームセンターで手軽に入手すことはできませんが、ネットで探すか町の板金屋さんに頼めば、(在庫があれば)指定のサイズに切り出してくれるかも。

値段も適正であれば高くはないです。

 

▼鉄板の切り出しがオーダーするなら「現場屋さん」

 

▼その他のサイズを見る

現場屋さん 楽天市場店

 

フライパンやスキレットなどと同じく、鉄素材の調理器具は一番最初に錆びにくくなる「シーズニング」が必須です。

最初は錆止め用に塗られている油分を洗剤でしっかり落とし、ガンガンに火にかけます。

600℃くらいの温度で酸素とふれあうことで、赤錆がつきにくくなるキレイな「酸化膜=黒錆(青みがかった灰色)」がつきます。

 

黒錆がついたらオリーブオイルを薄く塗り、さらに焼く。

オイルが燃えて煙が出てきたらいったん火を止め、再度オイルを塗る→焼く、を数回繰り返して鉄表面に黒い「炭化皮膜」を作りましょう。

一回目はクズ野菜(野菜の切れ端)を炒めて、鉄臭さを取りましょう。

以後は洗剤を使わずに水洗い→使い終わったら焼いてオイルを塗って、「育てて」ください。

使えば使うほど、中華料理屋さんの中華鍋のような「表面が濡れたように黒色」になり、焦げ付きにくい鉄板に成長していきます。

 

マイ鉄板の良いところは、鉄板のサイズにとことんこだわることができる点です。

「ヨコザワテッパン」は1~3人、頑張って4人くらいまでなら十分に鉄板焼きが楽しめるのですが、ファミリー用としてはちょっと心もとないです。

 

ロン
アイテムにこだわりたい人はぜひ完全フルオーダーの鉄板を取り寄せてみてはいかがでしょうか。

 

「うちは五人家族だからもうちょっと大きい鉄板があるといいのになあ」

「持っているグリルのスペースにぴったり合うサイズがないかなあ」

といった方たちは、よりサイズにこだわることでテッパンに対する愛着がわくことうけあいです。

 

マイ鉄板を手に入れる時に気を付けてほしいポイントがあります。

それは……

 

  1. 焼いた時のおいしさに直結する、鉄板の板厚
  2. 持ち運びしやすい重量とサイズ
  3. 鉄という素材に対する、メンテナンス

 

この三点です(なんかマニアックになってきた)。

板厚は純粋に鉄板自体の体積=蓄熱量(=焼き物のおいしくなる度)に直結しますから、「できるだけ板厚が厚いもの」を選ぶべきです。

 

 飲食店などで使っているプロ仕様は9mm~12mm、またそれ以上の厚みの鉄板(専門店は19mm程度)が使われてます。 

 

Amazonで「アウトドア調理用鉄板」を探してみると……いろいろなメーカーの商品が出てくるのですが、肝心の板厚を見ると「1.6mm」とか「2.5mm」あたりがほとんど。

プロ仕様の鉄板とは、別物なんですよね。

 

もちろんこれらの商品もサイズや形状が使いやすしように考えられているのでおすすめしないワケではありません。

 

が、鉄板料理の神髄である「圧倒的な蓄熱パワーによる調理」を楽しみたい方には、やはり物足りない。

あまり薄いと高熱で鉄板が変形しますし、オーダーするならプロ仕様に近づけたほうがよいです。

 

かと言って、「鉄」は比重7.85とかなり重い素材のため、厚みにこだわると持ち運びの問題が出てきます。

 

たとえばA4サイズ(210x297mm)の鉄板を作るとした場合、板厚1.6mmなら重量は0.8kg弱ですみますが、4.5mm厚だと2.2kg、9mm厚なら4.4kg! になります。

A4サイズでもこの重量感ですから、マイ鉄板を作るなら板厚は4.5mm~6mm程度にし、B5から大きくてもA4、A4変形サイズまでにまとめたほうがよいでしょう。

 

素の鉄板はそのままだとすぐにさびてしまいますが、油とよくなじませてしっかり育てれば一生モノの道具となります。

マイ鉄板、おすすめですよ!

 

▼鉄板の切り出しがオーダーするなら「現場屋さん」

 

▼その他のサイズを見る

現場屋さん 楽天市場店

 

ロン
「現場屋さん」は記事中で紹介した私のお手製鉄板と同じ、6mmの厚みのある鉄板を取り扱っています。ただ鉄板直買いの場合、安いけどサビが出ていたら自分で取るしかないんですよね……。

 

ここまで書いておいて話は戻りますが、「ヨコザワテッパン」は黒皮ついてて初心者にも使い勝手がよく、やっとこやコテなどの道具も一式セットになっています。やはり、鉄板デビューとしてはオススメの商品に間違いありません。

 

▼鉄板デビューにおすすめの「ヨコザワテッパン」をチェック!

created by Rinker
ノーブランド
¥4,580 (2018/07/21 22:00:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

さいごに

 

キャンプギア好きにはたまらない鉄板の魅力をお伝えしてきました。

道具がそろってくると、気分も上がり、より家族でのお出かけが楽しくなります。

 

(名前)
わが家のクルマ選びも「コレでキャンプやアウトドアに行ったら楽しそう!」な目線だけで選びました。気分大事。

 

今回ご紹介した鉄板は、アウトドア料理をよりおいしく、レベルアップさせてくれるアイテムです。

キャンプ好きはぜひマイ鉄板の購入を検討してみましょう。

 

▼鉄板デビューにぴったりの1枚

created by Rinker
ノーブランド
¥4,580 (2018/07/21 22:00:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

 
▼鉄板の切り出しがオーダーするなら「現場屋さん」

 

▼その他のサイズを見る

現場屋さん 楽天市場店

 

▼続いてキャンプ関連記事にもお立ち寄りください

ヒマラヤメンバーズセール 2018 参加レポート【スノーピーク、ユニフレーム、NIKE等、購入品全リスト】

2018.05.21

「ふもとっぱら」1デーキャンプレポート~FJ Campers Days 2017に参加してきた!~

2017.10.17

【静岡のキャンプ場】三ツ星オートキャンプ場/トーマスフェアレポート2017

2017.08.15

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。




スポンサーリンク








よく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*