塾ソムリエ、西村先生の講演会に行ってきました!

スポンサーリンク




「ディズニーの英語システム」無料サンプルプレゼント!
5年連続売上日本一の英会話教材/エブリデイイングリッシュ
初回注文は50%OFFで実施中! 食材宅配サービスの『夕食ネット』♪
Amazonプライムビデオスタート前にプライム会員になろう!

[中学受験]やってはいけない小3までの親の習慣刊行記念として開催された西村則康先生の特別講演会・サイン会に行ってきました。

↓↓↓ 楽天ブックス 送料無料ポイント5倍です ↓↓↓

[中学受験]やってはいけない小3までの親の習慣 [ 西村則康 ]

価格:1,598円
(2015/9/14 11:07時点)

定員200名とのことでしたが空席もちらほら目立ち、イベント当日でも参加可能な雰囲気の中ではありましたが先生が登場、略歴をお話されたあと、本題に突入していきました。

西村先生がまず始めに確認されていたのは――

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ 

来場者の子供たちがどの学年に属しているのか、ということでした。
私が見ていた限り、大半が低学年の子供を育児中のご両親です。

[中学受験]やってはいけない小3までの親の習慣の発売をきっかけに開催されたイベントですから、まぁ当然と言えば当然でしょうか。

「皆さんこの場にお集まりということですから、お子さんに中学受験させようとお考えなのだと思います。そん中、始まっていきなりですが、ちょっとショッキングなお話からいたしましょう」と先生。

「こういうご家庭には【中学受験】は向いていないと思いますので、目指されない方がいい。では実際にどういうご家庭なのかというと……」

1) 小3までに基礎学力と学習習慣のないご家庭
2) 中学受験は暗記で乗り切れると考えているご家庭

続いて、それぞれについて理由をおっしゃっていました。

その後は資料として配布されたレジュメに沿って話が進んでいきます。
話を聞いていて思ったのは、“中学受験を経験することによって得られたもの”というのは、その後の人生を生きていく上で財産になりうるんだろうなぁということです。

それは、学力(知識)だけでなく、体験、思考も込みで、親子ともども得られるものというのは小受同様相当なインパクトを受けるような気がしています。

と同時に、親の負担も……すごそう……。
来場者に小4のお子さんを持つ方が参加されており、その方が質疑応答の時間に先生に投げかけた質問を聞いていて「そこまでやる必要があるのか」と少々驚きました。

まぁそれに対しての先生の回答は「中受における母親の役割は直接の指導ではなく、スケジュール管理」だということでしたが。
このように、様々な学年の親が参加されていたこともあり、先生の講演だけでなく質疑応答の時間も楽しかったです。
質問内容を通じて、中受家庭の実態が垣間見えたのは大きな収穫でした。

では最後に。
この講演会を聞いて個人的に心に刺さった部分を箇条書きにしておきます。

◆低学年のうちは「読み・書き・計算」。とにかくこれを徹底的に行っておく
◆外遊びをとにかくたくさんしよう。この時期は様々な経験を積み重ねておくことが必要
◆読書習慣は大切。音読、黙読は学年が上がるごとに内容もレベルアップさせていく。時には自然科学・社会学的なものを取り入れて
◆通塾は新小4からスタートするのがベスト。低学年のうちから通塾する時間があるならその分さまざまな経験をさせておいてほしい
◆低学年の通塾に中学受験の先取りを期待してはいけない。はっきり言って意味がない
◆低学年の通塾であれば「能力を伸ばす系」のものは多少の効果が期待できるかも?
◆くもんはF教材までいけば十分。受験塾に入塾する場合はいったんくもんを卒業したほうがいい
◆中学受験を考えているならば、結局大手塾が一番の近道だと思う。テキスト開発には組織力が必要であり、個人塾では追いきれない場合も

私は、このイベントに参加するために中学受験は親が9割を購入しました。

読むのが楽しみ!




「アナ雪」おせちが登場!数量限定で好評販売中♪
お子さま喜ぶディズニーおせち!2015年のお正月を楽しく迎えよう♪

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ 




スポンサーリンク








よく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*