「9歳までに地頭を鍛える! 37の秘訣」読後の感想

スポンサーリンク




「ディズニーの英語システム」無料サンプルプレゼント!
5年連続売上日本一の英会話教材/エブリデイイングリッシュ
初回注文は50%OFFで実施中! 食材宅配サービスの『夕食ネット』♪
Amazonプライムビデオスタート前にプライム会員になろう!

9歳までに地頭を鍛える! 37の秘訣を読み終えました。
楽天市場内のオンライン書店 BOOKFANさんは楽天スーパーSALE期間中ということで、今ならポイント3倍!送料無料なので、オススメです。

【今だけポイント3倍!】【1000円以上送料無料】9歳までに地頭を鍛える!37の秘訣 ”ギフティッド”を育てた母親の体験的教育論/大川栄美子【後払いOK】

価格:1,404円
(2015/9/9 11:56時点)


さて、読後の感想ですが……

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ 
人気ブログランキングへ

すべてをお子さんに注いで来られたご両親なんだな、というのが第一印象です。

実際に息子さんが取り組まれた内容としては、くもん式のカード、七田式、読み聞かせ、語りかけ、音読、毎日の計算問題、漢字練習などで決して奇抜なことをやってきたわけじゃない。
それでもあのようなお子さんに育ったという理由はなんなのか?

私なりに考えてみました。

で、気がついたのですが、ご両親が「子供に考えさせる機会を常に与えている」んですよね。
これってすごいことだなと。

考えるネタを与えるために必要な知性。
考えた結果を待ち続ける忍耐。
そして、導き出されたどんな答えをも受け止める愛情。

いずれが欠けても成し得なかったことなのではないかと思います。

自分に同じことができるか。
今はまだよくわかりません。

ただ、子供と真剣に向き合って楽しみながら学んでいければ、自ずとその子が持つ能力を最大限活かした「結果」が得られるのではないか? という希望は持てました。

ということで再び。

自分に同じことができるか。
一部、できつつあるような気がしてきました。

逆に課題も明らかになりまして、今こなしている日々のお勉強に対して兄さんをもっと信頼し、「待てる」忍耐力をさらに鍛えようと思います。

息子は息子で頑張っている。
娘も娘で頑張っている。

今はまだどちらも結果を急ぐ時期ではないので、親子ともども自分たちなりに成長していけるよう歩んでいきたいです。




「アナ雪」おせちが登場!数量限定で好評販売中♪
お子さま喜ぶディズニーおせち!2015年のお正月を楽しく迎えよう♪

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ 
人気ブログランキングへ




スポンサーリンク








よく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*