SPGアメックスで家族旅行を実質無料化する方法【キャンペーンと紹介制度を一挙紹介】

家族旅行を実質無料化する方法大公開

家族で旅行しよう! となったとき、すぐに行先や日程のことを考えられればいいのですが、実際は予算と日程から逆算して行ける場所を決める、というご家庭が多いのではないでしょうか?

実は、何を隠そう私自身がそうでした…な、あやちん(@mile_tabiiku)です。

家族旅行はお金がかかります。

ましてや海外へ行こうと思ったら、かなり大金を用意しなければならないので、そう頻繁に行くことはできません。

ところが、ある方法を使うことにより、旅費の大半を占める航空券代とホテル代を実質無料にできる環境が整ったので、その方法を紹介します。

 

\何人家族でも、何回でも年間1,080円の海外旅行保険/

頑張らない節約で貯金を叶えるブログ『節約リッチ生活』

 

航空券代を無料にする方法

航空券代を無料にする方法としてよく知られるのが航空会社のマイレージプログラムに参加し、マイルを貯めて特典航空券に交換するという手法です。

もともと旅好きだった私はそれまで格安ツアーを利用して旅行していましたが、結婚後他のことにお金がかかるようになり、「もっと旅に行きたいから、マイルをちゃんと貯めてみよう!」と思い立ち、その当時メジャーな方法であったクレジットカード決済でマイルを貯めることから始めました。

当時保有していたのは、ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードです。

この方法で1~2年で1回、海外旅行を楽しんでいました

そのうち出産を二度終えて日々を慌ただしく過ごす中で、自然と我が子と一緒に旅を楽しみたい、地球上のいろんなものを一緒に見たいし、様々な体験を共感したいと思うように。

最終的には、「マイルで旅育。」なんてブログまで立ち上げ、現在に至っています。

 

そして2018年5月現在、最も効率よくマイルを貯める方法はすでに確立されています。

 

スポンサーリンク

 

ホテル代を無料にする方法

次に、宿泊費を無料にする方法について考えてみました。

ざっと思いついた方法はこのとおり。

 

  1. 懸賞に応募して当てる
  2. 親戚、知人の家に泊まらせてもらう
  3. ホテルの会員システムを利用する

 

1の懸賞は当たればいいのですが、当選確率が低すぎる上に「行きたい時に行けない」という致命的な欠陥があります。

たいてい1泊ペア宿泊券での提供なので、4人家族で利用できるかどうかすら怪しいです。

また、2の親戚、知人は先方に迷惑がかかることはもちろんのこと、他人様のお宅なので心からくつろぐことが困難となり、やはり現実的ではありません。

上記選択肢の中で一番現実的なのは3ですが、これには若干慣れが必要です。

私自身はインターコンチネンタル アンバサダーに登録しており、インターコンチネンタル系列ホテルの1泊分の無料宿泊券をすでに有していますが、会員になるためにも相応の出費が必要なので、万人にお勧めできる方法ではないという認識です。

 

▼インターコンチネンタル アンバサダーを知る▼

インターコンチネンタル アンバサダーに入会して、無料宿泊券をもらおう!~私は7千円以上お得になっちゃったお話~

2017.05.24

 

いろいろ考えた結果、1、2、3どの方法も自分にしっくりくるものではなかったので、私はまた別の手段で宿泊費を無料にすることにしました。

その方法は、スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレスこと、通称SPGアメックスの発行及び利用です。

このカードを利用して貯まるスターポイントを無料宿泊特典に交換し、2017年9月はワイキキの貴婦人と称されるモアナサーフライダー ウェスティンリゾート&スパ」の宿泊費が2泊分無料となりました。

 

▼モアナサーフライダー宿泊レポート▼

子連れハワイ モアナサーフライダー ウェスティンリゾート&スパ宿泊レポート【ホテルからのサプライズ演出紹介します】

2017.09.25

 

そしてSPGアメックスを所有して2年目。

この夏にはカードの継続特典である無料宿泊権(1泊分)をいただいたので、2018年ゴールデンウイークに行く家族旅行(行先はシンガポール。航空券代は特典航空券利用なのでほぼ無料です)で利用しようと思っています。

少し大げさな言い方かもしれませんが、SPGアメックスを使うようになって、私たちの旅がよりお得になっただけでなく、1ランクも2ランクもアップしたのは事実です。

またマイルとスターポイントで家族旅行実質無料化(※)の下地を整えることができたのも個人的に大きな意味を持っています。

 

\家族旅行実質無料化にするためのポイント/

  1. 航空券代はマイルで交換した特典航空券で賄う
  2. ホテル代はスターポイントで無料宿泊特典を利用する

 

※補足
ここでの完全無料化は、旅行に伴う2大出費の航空券代とホテル代を指します。

当然ながら現地での飲食、アクティビティ費用等は含まれません。

また、特典航空券及び無料宿泊特典を利用しても、別途諸税を支払う必要があります。

スポンサーリンク

 

SPGアメックス発行で宿泊費が無料となるからくり

では、モアナサーフライダーのような高級ホテルに無料で宿泊するにはどうしたらいいのでしょうか?

そもそも、なぜSPGアメックスを利用しているだけでホテル代が無料となるのでしょうか?

SPGの正式名称は、「スターウッド プリファード ゲスト」。

スターウッドは世界規模で展開する大型ホテルグループで、11ブランドを有しています。

 

  1. セントレジス
  2. ラグジュアリーコレクション
  3. W
  4. ウェスティン
  5. ル・メリディアン
  6. トリビュートポートフォリオ
  7. シェラトン
  8. アロフト
  9. エレメント
  10. フォーポインツ・バイ・シェラトン
  11. デザインホテルズ

 

参考までに国内にあるスターウッド系列ホテルをピックアップしてみました。

 

国内のスターウッド系ホテル一覧/

  • 翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都
  • ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町
  • セントレジスホテル大阪
  • ウェスティンホテル東京
  • シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
  • ウェスティン ルスツリゾート
  • シェラトン沖縄サンマリーナリゾート
  • ウェスティン都ホテル京都
  • ウェスティンホテル大阪
  • ウェスティンホテル仙台
  • シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート
  • シェラトングランドホテル広島
  • シェラトン都ホテル東京
  • 横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ
  • ウェスティンホテル淡路リゾート&コンファレンス
  • 神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ
  • キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道
  • シェラトン北海道キロロリゾート
  • シェラトン都ホテル大阪
  • ウェスティンナゴヤキャッスル
  • フォーポイントバイシェラトン函館

 

国内にもSPG系列ホテルがたくさんあることがわかりますね。

SPGアメックスはその名のとおり、スターウッドグループとアメリカン・エキスプレスの提携クレジットカードです。

私はSPGアメックスを日々の決済等で利用してスターポイントを貯め、貯めたポイントをモアナサーフライダーの無料宿泊特典に交換しました。

つまり、SPGアメックスを利用することで、100円ごとに1スターポイントが付与され、獲得したポイントはホテルの無料宿泊特典に交換することができるというわけですね。

なお、無料宿泊特典を利用する際に必要となるポイント数は、ホテルのカテゴリーによって異なります。

 

▼カテゴリーと無料宿泊に必要なスターポイント数
13,000
24,000
37,000
410,000
512,000~16,000
620,000~25,000
730,000~35,000

 

前述のモアナサーフライダーはカテゴリ6のホテルなので、40,000スターポイントと交換して宿泊しました。

 

SPGアメックスのメリット

SPGアメックス

SPGアメックスを利用することで無料宿泊特典と交換できるのは分かったけど、そもそもポイントってそんなにすぐ貯まらないんじゃない?

という声があるかもしれませんが、このクレジットカードは保有しているだけでも相応の価値があります

まずSPGアメックスホルダーは、必然的にプリファード ゲストよりも格上のゴールドプリファード ゲストとなり、下記にあるゴールド プリファード ゲスト特典はカード利用有無に関係なく適用されます。

本来、ゴールドプリファード ゲストになるためには「1年間に10滞在以上、または25泊以上」利用しなければなりません。

私はホテル好きではあるけれど、さすがにそれだけの滞在・宿泊を1年間でこなすのはかなり難儀です。

ところが、SPGアメックスを発行&継続する限り、そんな苦労をすることもなく 永久にゴールドプリファード ゲスト でいることができます。

 

ゴールド プリファード ゲスト特典

  • 宿泊の支払い1米ドルごとに3ポイント獲得
  •  16時までのレイトチェックアウト 
  •  お部屋のアップグレード 
  • 選べるウェルカムギフト提供
    (ボーナスポイント、無料WIFI、ドリンクサービスのいずれか)
  • Deltaフライトのクロスオーバーリワードで1ドルにつき1ポイント獲得
  • エミレーツのフライトに支払いの1ドルにつき1ポイント獲得

 

SPGアメックス特典

  • SPG「ゴールド会員資格」を提供
  • 入会後3ヶ月以内に10万円以上ご利用で10,000スターポイントプレゼント
  •  カード継続ごとに毎年、無料宿泊券をプレゼント 
  • カード継続時にエリート会員資格取得用実績をプレゼント
  • 国内ホテル直営レストラン&バーで15%オフ
  • カード利用代金100円につき1スターポイント提供
  •  スターポイントを宿泊、航空券に交換可能 
  •  スターポイントを航空会社のマイルに交換可能 
  • アメックス・トラベル・サービス
    最高1億円の旅行障害保険が利用付帯
    航空便遅延費用補償
    手荷物無料宅配サービス
    空港ラウンジ(同伴1名無料)
    エアポート送迎サービス
    海外でも日本語対応可能なオーバーシーズ・アシスト
  • アメックス・プロテクション
    キャンセル・プロテクション(キャンセル費用補償)
    オンライン・プロテクション(ネット上での不正使用を補償)
    リターン・プロテクション(返品の補償)
    ショッピング・プロテクション(破損・盗難などの損害補償)
  • アメックス・エンターテインメント&ショッピング
    セレクト
    チケットアクセス
    ゴールド・ワインクラブなど

 

たくさんあってとても覚えきれません(笑)。

無料宿泊特典はブラックアウト(特典利用除外日)がないので、お盆や年末年始などの旅行繁忙期に利用することで、1ポイントあたりの価値をより高めることが可能です。

さらに……

SPGがマリオットに吸収合併されたことにより、SPGゴールド会員である私は、高級ホテルグループであるマリオットの上級会員「ゴールド エリート会員」、しいてはザ・リッツ・カールトンのゴールドエリート会員としても扱われるようになりました。

 

マリオットゴールドエリート特典、ザ・リッツ・カールトン ゴールドエリート特典の内容な以下のとおりです。

 

マリオットゴールドエリート特典

  • 宿泊の支払い1米ドルごとに10ポイント+25%のボーナスポイント獲得
  • 最大午後4時までのレイトチェックアウト保証
  • お部屋のアップグレード
  • ラウンジの利用、無料の朝食
  • 無料のインターネットアクセス
  • エリート限定割引、キャンペーン提供
  • エリート専用予約デスク
  • ゲストサービス専用電話
  • 予約完全保証、ルームタイプ保証
  • エリート限定特典
  • 10%の週末割引
  • 無料の市内通話/FAX、長距離電話割引(米国、カナダのみ)

 

ザ・リッツ・カールトン ゴールドエリート特典

  • 宿泊の支払い1米ドルごとに10ポイント+25%のボーナスポイント獲得
  • 午後4時までのレイトチェックアウト
  • お部屋のアップグレード
  • 無料のインターネットアクセス
  • アライバルギフト(1,000ボーナスポイント)
  • 特別なオファーの案内
  • エリート専用予約デスク
  • ゲストサービス専用電話

スターウッド、マリオット、ザ・リッツ・カールトン、いずれもレイトチェックアウトやお部屋のアップグレード特典を受けることができますが、中でもマリオットは、 ラウンジが利用でき、なおかつ朝食が無料 ということで利用者にとって嬉しい内容となっています。

ということは、SPGアメックスホルダーであれば滞在中の食費を浮かせることもできますね。

また、スターポイントをマリオットリワード、ザ・リッツ・カールトン・リワードのポイントに交換し、 マリオット系列ホテル、ザ・リッツ・カールトン系列ホテルの無料宿泊に活用することも可能 です。

 

スポンサーリンク

宿泊以外でも使えるスターポイント

この記事ではスターポイントを無料宿泊特典に利用して家族旅行の実質無料化を推奨していますが、獲得したスターポイントは航空会社のマイルに交換することもできます。

交換レートは下の表にあるとおり。

JALやANAという日系エアラインはもちろんのこと、かなり多くのマイレージプログラムと互換性があることがおわかりになると思います。

また、スターポイントを各航空会社のマイルに交換した場合の還元率ですが、一度に20,000スターポイントまとめて移行すると、5000マイルが追加ボーナスとしてプレゼントされ、25,000マイルになります。

もともとの1%だった還元率を最大還元率1.25%にまで引き上げることができるのは大きなインパクト!

 正直、ANAカード、JALカードを使うよりもお得です。 
マイレージプログラム移行比率(スターポイント:マイル)
エーゲ航空1対1
アエロメヒコクラブプレミア1対1
アエロプラン/エアカナダ航空1対1
エアベルリン1対1
中国国際航空コンパニオン1対1
ニュージーランド航空エアポインツ65対1
アラスカ航空マイレージプラン1対1
アリタリア航空ミッレミリア1対1
ANAマイレージクラブ(全日空)1対1
アメリカン航空アドバンテージ1対1
エアアジアマイル1対1
アシアナ航空1対1
ブリティッシュエアウェイズ・エグゼクティブクラブ1対1
中国東方航空1対1
中国南方航空スカイパールクラブ1対1
デルタ航空スカイマイル1対1
エミレーツスカイワーズ1対1
エティハド航空1対1
フライングブルー1対1
Golスマイル2対1
海南航空1対1
ハワイアン航空1対1
日本航空(JAL)マイレージバンク1対1
ジェットエアウェイズ1対1
大韓航空1対1
ラタム航空ラタムパス1対1.5
アヴィアンカ航空のLifeMiles®(ライフマイル)1対1
マイルズ&モア1対1
カタール航空1対1
サウジアラビア航空1対1
シンガポール航空クリスフライヤー1対1
タイ国際航空ロイヤルオーキッドプラス1対1
ユナイテッド航空マイレージプラス2対1
ヴァージンアメリカ航空エレベート1対1
ヴァージンアトランティック航空フライングクラブ1対1
ヴァージンオーストラリア1対1

ホテルの無料宿泊特典のほかに、フライトマイルにも交換できるスターポイント、やはりただものではありませんね。

補足
スターポイントの有効期限は、最後のポイント取得から1年間です。

ただし、スターポイントを新たに獲得するたびに、アカウント全体のポイントの有効期限が更新される(=1年間伸びる)ため、SPGアメックスカードを年に一度以上使っている限りは、ポイントの有効期限は実質無期限にすることが可能です。

SPGアメックスのデメリット

ではここで、特典満載のSPGアメックスの基本情報を改めて見てみます。

カード名称スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード
国際ブランドAmericanExpress
年会費33,480円(税込)
家族カード16,740円(税込)
ETCカード年会費無料
新規発行手数料は1枚につき918円(税込)
付与ポイント スターポイント
還元率1.0%(最大1.25%還元)
付与単位100円毎

高額な年会費はこのカードの大きなデメリットです。

ただ、税込33,480円はカードの継続利用で1泊分の無料宿泊特典がもらえますので、そこで元を取ることができるという考え方もあります。

注意
カード継続特典の無料宿泊は入会初年度には付与されません。

利用できるホテルは、SPGが定めるカテゴリ1~6までのホテルで、最上位のカテゴリー7は対象外です。

なお、国内ホテルでカテゴリー7のホテルはこの3つ。

それ以外のホテルに無料宿泊することができます。

  • 翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都
  • ザ・プリンスギャラリー ラグジュアリーコレクションホテル東京紀尾井町
  • セント レジス ホテル 大阪

また、このカードはキャッシング機能がありません

海外旅行時等でキャッシング機能を利用したい場合は、別のカードを用意しましょう。

 

さらに、基本的には還元率1%ですが、一部それが適用されないものがあります。

 

SPGアメックスは紹介で発行しよう!

当ブログではポイントサイトの利用を推奨することがほとんどですが、SPGアメックスはそれをお勧めしません。

というのも、ポイントサイト経由で入会した場合に受け取れる報酬は……

 

2,000円分のポイント+3カ月以内に10万円以上決済で10,000スターポイント

 

のみだからです。

 

SPGアメックスに関しては、会員からの紹介プログラムを利用するのが圧倒的にお得になります。

紹介経由で入会した場合に受け取れる特典は……

 

3カ月以内に10万円以上決済で12,000スターポイント

 

です。

 

 SPGアメックスは、専門家が最優秀クレジットカードを決める[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]のプラチナカード部門で、最優秀クレジットカードに選ばれています。 

 

【クレジットカードの専門家・岩田さんが「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス・カード)」をおすすめする理由】

4年連続で「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス・カード)」を選んだ。

旅行系のサービスが充実したカードは多いが、「SPGアメックス・カード 」は世界1300軒以上のホテルを展開する「スターウッド・ホテル&リゾート」とアメリカン・エキスプレスが提携し、ホテルでの滞在に重点を置いた初めての本格派カード

新規入会時点で「スターウッド・ホテル&リゾート」のポイントプログラム「SPG(スターウッド プリファード ゲスト)」の「ゴールド会員資格」が得られ、チェックアウトの延長や部屋のアップグレード(空室状況による)などのサービスが受けられる。さらに、継続利用者は毎年「スターウッド・ホテル&リゾート」のホテル(カテゴリー1~6)で利用できる「無料宿泊特典」がもらえるので、実質の年会費は1万円を切るほど安くなるのも魅力。

2016年4月、ザ・リッツ・カールトンなどを擁する大手ホテルチェーン「マリオット・インターナショナル」と「スターウッド・ホテル&リゾート」が統合して世界最大のホテルチェーンが誕生したことで、「SPG」のゴールド会員資格だけでなく、「マリオット(またはザ・リッツ・カールトン)」のゴールド会員資格も得られるようになり、最強のホテル系クレジットカードとなった点も評価できる。

 

クレジットカードの専門家も一押しのSPGアメックス。

カードの詳細は、公式サイトからどうぞ。

 

公式サイト

 

よくある質問
SPGアメックスは専業主婦でも発行できるのかと聞かれることがありますが、専業主婦だからNGというカードではありません。

専業主婦でも発行されたという話も聞きますので、気になった方はお申し込みしてはいかがでしょうか?

また、私はアメリカン・エキスプレス系列カード保有歴が20年弱ありますので、安心してお問い合わせいただければ幸いです。

まとめ

繰り返しになりますが、

 ポイントサイトを使ってマイルを貯めて特典航空券に交換し、スターポイントでホテルの無料宿泊特典を獲得する。 

これが家族旅行を実質無料にするために必要な2つの手段となります。

2つのことをいきなり同時進行するのは大変ですが、まずは自分ができることから取り組んでみてはいかがでしょうか?

ご不明な点ありましたらコメント欄でもCONTACTフォームからでも構いませんので、お気軽にお問い合わせくださいね。

ということで、カードの詳細は公式サイトからどうぞ。

 

公式サイト

 

以上、お読みいただき、ありがとうございました。




スポンサーリンク








よく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*