楽天カード(Rakuten)対 JCB!ワイキキクーポン比較【2018年最新版】

スポンサーリンク




子連れハワイ必携クレカはどっちだ?

ワイキキで利用できる特典が満載のクレジットカードと言えばJCB。

ワイキキトロリーの料乗車に加えて、いろいろなお店で利用できるクーポンブック、さらにはワイケレプレミアムアウトレットでもクーポンブックがもらえるため、「ハワイに行くならJCB!」という方もいらっしゃると思います。

 

一方で、2017年8月、ワイキキに「Rakuten Card ラウンジ」オープンしたRakuten。

後発ながらも、子連れトラベラーにとってうれしい特典が満載です。

そこで今回は、オープンしたばかりの「Rakuten Card ラウンジ」をご紹介するほか、実際にワイキキで利用するならどちらのクーポンがよりお得なのかを検証してみました。
 

 

\海外旅行保険料もしっかり節約!/

楽天カードラウンジは子連れにやさしい!

 

楽天カードが2017年8月1日(ハワイ時間)、ハワイ・ワイキキ T ギャラリア ハワイ by DFS内に、オープンした会員専用の「Rakuten Card ラウンジ」。

 

ワイキキの中心地にあり、ちょっとした休憩に便利ですね。

具体的には以下のようなサービスを受けることができます。

 

これだけでも楽天カードホルダーとしてはありがたい限りですが、私が個人的に一番うれしかったサービスが……

 

 

 7日間まで無料のベビーカーレンタル 

 

当時娘は4歳だったのでベビーカーを常用してはいませんが、まだまだ昼寝が欠かせません。

 

しかし、今回は母子旅。

母子の手荷物、スーツケースに加えてベビーカーを持っていくのは到底無理です。

抱っこ紐は持参するものの、出国前にベビーカーが必要になった場合は、空港で借りる予定でいました。

 

しかし、現地でどうするかはノープラン。

最悪、使い捨て覚悟で格安のストローラーを購入してもいいかと思っていた矢先に、「Rakuten Card ラウンジ」で無料レンタルしてくれるというニュースが飛び込んできて大喜び!

たぶん私、現地滞在中ずっと借りていると思います。

事前予約できないのが不安ですが、きっと潤沢に用意してくれている……はず……。

 

そのあたりはまた現地で確認後にレポート予定です。

 

そのほかにも、現地オプショナルツアー、空港送迎、レストラン、スパの予約などなど、一部楽天限定プランもご用意してあるようなので、現地でチェックしてきます。

 

そしてお得大好きワーママとして気になるのが、楽天カードが厳選したショップ、レストランで使える「楽天カード 特典クーポン」

私の中では、ワイキキでのクーポン=JCBというイメージだったのですが、楽天の特典クーポンはどのようなラインナップなのか、そしてどちらがお得感があるのかをチェックしてみました。

スポンサーリンク

 

ワイキキ市内で使えるクーポンはどっちがお得?

楽天とJCB、それぞれサイト内でクーポンがPDF配信されているのはご存知でしたか?

それらを比較してみて、個人的な評価を出してみました。

 

 楽天JCB
掲載店舗数
割引総額
会員限定特典
検索性
オプション情報
使い勝手

 

早速、具体的に見ていきましょう。

それぞれのクーポンブックを見比べてみると、総掲載店舗数に大きな隔たりがあることがわかりました。

 

  • 楽天  67店舗 
  • JCB  131店舗 

 

JCBは楽天の2倍以上の店舗で優待を受けることができます。

よって、クーポンを利用した際の割引額総額も必然的にJCBが圧倒する結果に。

 

では、「楽天カード 特典クーポン」はもらう意味がないのか? という点についてですが、こちらはもちろんNO!

その理由は、楽天カード 特典クーポン掲載店=JCB優待ガイド掲載店ではないからです。

考えてみれば当然ですね(笑)。

 

楽天は掲載店舗は少ないながらも、日本でも人気のパンケーキ有名店「エッグスンシングス」で特典を受けることができるなど、「楽天限定特典」ショップを豊富にそろえています。

クーポンブックのコーナー右上に「楽天」マークがついているのがそれに値します。

 

 

ちなみに「楽天」マークがない場合は、楽天、JCBともにほぼ同様の特典内容となることが多いです。

 

▶楽天

 

▶JCB

ということは、クーポン内に「楽天」マークがある店舗を利用する際は楽天のクーポンブックを。

そうでない店舗を利用する際は、お好みのクーポンブックを使う、という店舗によって使い分けをすることによって、お得の取りこぼしを減らすことができそうです。

 

ちなみに、「楽天」マークが付いていながらもJCBのほうが割引率が高い場合もありますが、その場合は利用条件がより厳密な点に注意しておきましょう。

 

▶楽天

 

▶JCB

 

例えば上記のような場合。

 

楽天は会計より10%OFF、一方のJCBは15%OFF

あれ?

でも、楽天側には「楽天」マークがついてますよね。

それなのに割引率はJCBが上回ってます

その違いは、クーポンの利用条件。

 

\楽天クーポン利用条件/

  • 時間指定なし
  • アルコールを含む飲み物全般も割引適用対象

 

\JCBクーポン利用条件/

  • 時間指定あり
  • 飲み物代は割引適用対象外

 

なんですね。

来店時間や食事内容に応じてどちらがお得かは変わってきますが、都度自己判断する必要がありそうです。

 

ここまでをまとめましょう。

 

Point!
掲載店舗数ではJCBが圧倒的。楽天のクーポンブックは掲載店舗が少ないものの、「楽天限定」特典を受けられる店舗があり、その特典を受ける条件も比較的緩い。

 

一方のJCBのクーポン内容の特徴は、ずばり……

 

あやちん
ショッピングに強い!

 

です。

ワイキキ滞在中、誰もが一度は訪れるであろうアラモアナセンター。

アラモアナセンターで利用できる「プレミアパスポート」をもらうことができます。

 

 

他にクーポンブックがもらえるショッピングスポットは、このとおり。

 

店舗名クーポンブック名称
インター・ナショナル・マーケットプレイスショッピング・パスポート
ロイヤル・ハワイアン・センターショップハワイ
カハラモールVIPパスポート
ワードビレッジVIPパスポート
ワイケレ・プレミアム・アウトレットデスティネーション・パスポート

 

こんなにたくさんのショップでお得なお買い物ができるなんて、これは楽天には見られない大きなメリットですよね。

そのほかにも、レジャースポットや定番観光スポットももれなく網羅しており、オールマイティーに使える内容となっています。

 

探しやすいのはどっち?


 

 

それぞれのクーポンブックを見比べてみた結果、好みの問題かもしれませんが、楽天のほうが見やすい印象を受けます。

楽天はカテゴリごとにページが分かれており、そこからアルファベット、五十音順にお店が並んでいます。

 

一方のJCBはアルファベット、五十音順に並んでおり、カテゴリ分けはそれぞれのショップの番号が何色かによって変わってきます。

また、扱っている店舗数が多い割には索引がないので、目当てのお店がとても探しにくいのが残念です。

(できることなら編集作業お手伝いしてさしあげたい・笑)

 

店舗検索はしにくいJCBの優待ガイドですが、巻末の地図はとても便利!!

ワイキキだけでなく、アラモアナ/ワード地区、カイルアの地図も掲載されています。

ハワイではスマホ画面を見ながらの通行が禁止されていることもあり、このようにポケットサイズの地図があると大変便利です。

 

また、楽天カード 特典クーポンには、旅行時に役立つこんなTIPSが収録されています。

特にチップの習慣がない日本人は、チップの相場に悩むことも多いと思いますが、この特典クーポンブックを持ち歩いていれば悩む必要はなさそうですね。

 

あやちん
ショッピングに強いのはJCB! 主要ショッピングセンターへ行った際は、忘れずにクーポンブックをゲットしよう。また見やすいのは圧倒的に楽天です!


 

楽天 vs JCB、その結末は?

さて、ここまで両社のクーポンの特徴を見てきましたがいかがですか?

私は楽天JCBホルダーなので(笑)、両クーポンとも入手し、現地で活用したいと思っています。

 

ただし、ここで注意点が。

 

楽天カード特典はカードの利用にかかわらず 【提示】のみで特典を受けられます 

一方のJCB優待店では、カードの提示だけでなく 【JCBカードで支払う】ことで特典を受けることができます 

 

この違いはとても大きいのでよく覚えておきましょうね。

 

そのほか、JCBでおすすめの特典は、ワイキキトロリー(ピンクライン:ワイキキ-アラモアナショッピングコースです)乗り放題というのがあります。

もちろん無料です。

 

こちらの特典はすでに2019年3月31日まで適用が決まっていますので、ハワイに行く予定の方は、JCBブランドのカードを持参するのを忘れないようにしてくださいね。

 

ちなみに、乗車代が無料になるのは、本会員および同行者(大人1名+11歳以下の子供2名まで)となります。

そして、楽天 vs JCBの最終結論は――

 

両方とも必ず持参すべし!(楽天JCBがあれば一発で解決しますが・笑)

 

です。

それぞれの優待内容は以下よりご覧いただけます。

 

 

▼海外旅行保険もしっかり節約しましょう

【UCSカードで子連れ海外旅行保険代を節約】「旅とくプラス」加入で家族全員分の保険費用が自動付帯になる!

2018.04.12

 

▼ホテル最安値無料検索はこちらから




スポンサーリンク








よく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*