子連れハワイ モアナサーフライダー ウェスティンリゾート&スパ宿泊レポート【ホテルからのサプライズ演出紹介します】

ワイキキのファーストレディ「モアナサーフライダー」宿泊レポート

2017年秋、娘と二人でハワイへ旅行に行ってきたあやちん(@mile_tabiiku)です。

宿泊先は、オアフ島・ワイキキのメインストリートであるカラカウア通りに面している「モアナサーフライダー ウェスティンリゾート&スパ」。

ワイキキのファーストレディとも言われる、由緒正しき五つ星ホテルです。

今回は、ホテルの宿泊レポートと感動したサプライズ演出についてお話します。

モアナサーフライダーに宿泊予定の方はもちろん、どんなホテルなのか興味がある方もぜひお楽しみください。

また、宿泊前にホテルに「あること」をお話しておいたため、素敵なサプライズをしていただきましたので、そちらも合わせてご紹介します。

頑張らない節約で貯金を叶えるブログ『節約リッチ生活』

モアナサーフライダー ウェスティンリゾート&スパとは?

さて、今回の子連れハワイ旅行宿泊先として選んだモアナサーフライダー ウェスティンリゾート&スパはこんなホテルです。

以下、Wikipediaより抜粋します。

ワイキキビーチの中心地のビーチの目の前にあり、オーシャンフロントの客室とロビーなどからワイキキビーチとダイアモンド・ヘッドの景色を目前に見ることができる眺望の良さを誇る上、当時として最新の設備を誇った白い建物が「ワイキキのファーストレディ」と称され、同時期の1900年代から1920年代に建設された「ロイヤル・ハワイアン」や「ハレクラニ」と並ぶホノルルを代表する高級ホテルとなった。開業当時の建物は正面入口にある「ヒストリック・バニヤン・ウィング」として今でも使用されており、アメリカ合衆国国家歴史登録財やホノルル市の文化財にも指定されている。

 

 

 「ワイキキのファーストレディ」とはよく言ったもので、ホテルの外観からしてテンションが上がります。 

 

 

\宿泊して感じたモアナサーフライダーの魅力/

  1. オンザビーチである
  2. プライベートビーチがある
  3. 眺望がいい
  4. 立地がいい
  5. ホスピタリティあふれている

 

などなど、メリットを挙げたらきりがありません。

その一方で、私自身が感じたデメリットも。

 

  1. 料金が高い
  2. 設備が古い
  3. ユニットバス
  4. アメニティが寂しい

 

ただ、デメリットよりもメリットを実感するほうが圧倒的に多かったことを書き添えておきますね。

 

モアナサーフライダーの予約方法とお部屋紹介

今回、ホテルの宿泊予約はマイルが爆発的に貯まる宿泊予約サイトのKaligoから2泊、そしてSPGアメックス利用で獲得したスターポイントを無料宿泊特典と交換して2泊の計4泊しました。

そのあたりの話は以下に書いています。

 

Kaligo利用で大量BAマイルをGet!

2017.03.27

【SPG・マリオット】マカオでの滞在先もSPGアメックスをフル活用!子連れ旅を安心・安全・上質に格上げする方法とは?

2017.01.13

 

そして、Kaligoで予約した2泊分は最安価格帯のお部屋であるヒストリック・バニヤン・ルーム。

SPG無料宿泊特典として、ダイヤモンド・シティーの予約をしました。

 

モアナサーフライダーで一泊あたりに必要なスターポイントは20,000~。

今回は2泊分をポイントで消費したので、40,000ポイントを利用したことになります。

 

ダイヤモンド・シティーはヒストリック・バニヤン・ルームの次に安い価格帯のお部屋になります。

いずれも海が見えるお部屋ではありません。

 

ところが、実際に現地に到着してチェックインしてみると……

 

 

一部ですが、海が見えるタワー・パーシャル・オーシャンにアップグレードされていました。

ヒストリック・バニヤン・ルームから3段階アップ、ダイヤモンド・シティーからは2段階アップしたことになります。

 

 

今回はタワー・パーシャル・オーシャン(一泊平均価格$344.00~)に4泊($1,376~)ですので、40,000ポイント+KaligoでBAマイルを貯めるという選択はまぁ悪くなかったと思っています。

 

 

タワー棟のエレベータの中も白木ベースで上品。

お部屋は16階のSPG専用フロアでした。

 

白基調の落ち着いた内観にお部屋への期待も高まります。

 

続いて、お部屋の中を見ていきましょう。

予約時にツインのお部屋をリクエストしていたため、娘との二人旅には十分すぎる広さです。

 

 

ミネラルウォーターは毎日2本ずつ補充されます。

 

シャンプー、コンディショナー、シャワージェル以外のアメニティは、石鹸2個、マウスウォッシュ、ボディクリームのみとなります。

歯ブラシ、歯磨き粉、綿棒、ブラシ(くし)、剃刀などなど、国内のホテルでは当然のように設置されているそれらは自身で用意する必要がありますので、ご注意ください。

 

そしてこちらがバスルーム。

やはり狭い印象は拭えません。

 

また、さらに驚くことに、バスルームへの扉を開けると突然左側にクローゼットスペースが出現!

 

そしてクローゼットの下方にスリッパとドライヤーが収納されています。

扉を開けたらクローゼット、洗面台、トイレ、お風呂、すべてにアクセスできます。

またクローゼットは扉がないので、なんか洋服がじめじめしそうと思い、ほとんど利用しませんでした。

(空調はしっかりしてるし、そもそもハワイはカラっとした気候なので取り越し苦労なのでしょうけれど・笑)

 

また机上にはiPadが置いてあり、館内の施設や設備などを簡単に確認できるようになっていました。

スターウッド系列の上級会員であるゴールドプリファードゲストの特典の1つにお部屋のアップグレードがありますが、基本的には公式サイト、アプリからの予約が必要とされています。

ところが今回は、 Kaligo+スターポイント利用の無料宿泊特典というかなりイレギュラーな組み合わせにも関わらず、その特典を適用していただけたようです。 

 

もともと海が見えないお部屋を予約していたのですから、ホテル側の計らいに感謝の気持ちしかありません。

また、チェックイン時のギフト250スターポイント等もしっかり付与されていました。

 

 

今回のことで、モアナサーフライダーは公式サイト以外からの予約でもゴールドプリファードゲストの扱いを受けられるとは言い切れませんが、こういったこともあるというご参考になれば幸いです。

補足
上の画像にある「ご滞在」で得たスターポイントは、Kaligo経由での宿泊予約に対してのものではなく、現地でいただいた朝食代に対して付与されたものとなります。

 

モアナサーフライダーの設備紹介

モアナサーフライダーの魅力の1つは、何といってもプライベートビーチエリアを持つその立地。

ビーチからはダイヤモンドヘッドも見えます。

利用時にはプール&ビーチの受付(プールデスク)で専用タオルを受け取りそれを持参します。
タオルの貸し出しは無料です。

また、ビーチのあちらこちらに青色のパラソル&ビーチチェア、そしてカバナがいくつか設置されていますが、こちらは予約制で有料です。

 

◆ビーチ&プールレンタル品概要

【カバナ・レンタル】

  • 1日レンタル: $110
  • 半日レンタル: $65 (12:00PM~5:30PMまで)
    ※1日レンタルは、前日よりプールデスクで予約を承ります。半日レンタルは先着順となります。

【ビーチ・アンブレラ・レンタル】

  • 1日レンタル: $55
  • 午前半日レンタル: $30 (7:00AM~11:30AM)
  • 午後半日レンタル: $35 (12:00PM~営業終了時間まで)
    ※1日レンタルは、前日よりプールデスクで予約を承ります。半日レンタルは先着順となります。

【ビーチ・チェア・レンタル】

  • 1日レンタル: $15
    プールデスクで先着順で承ります。

 

なお、それぞれの営業時間は下記のとおりです。

 

【プール】

  • 冬季(9月~4月): 7:00AM~6:00PM
  • 夏季(5月~8月): 7:00AM~6:30PM

【モアナ・ビーチ】

  • 冬季(9月~4月): 7:00AM~5:30PM
  • 夏季(5月~8月): 7:00AM~6:00PM

 

うちの娘はビーチよりもプールがお気に入りのようで、プールで2日間ほど遊びました。

さほど大きなプールではありませんが、午前8時頃から先着のプールチェアの場所取りが始まります。

To goで買ってきた朝食を食べている欧米の方がたくさんいたので、チェアを使いたい場合は早めにプールへ行くようにしましょう。

またプールのすぐ横には、ドリンク、軽食の販売をしているサーフライダーカフェもあります。

 

今回利用しませんでしたが、タワー棟からプールへ向かう途中には、ラウンジ「ビーチクラブ」もありました。

ビーチクラブは、フロントで料金を支払えば誰でも利用可能です。

 

ラウンジ利用料金一覧

  • SPGプラチナメンバー: 無料
  • SPGゴールドメンバー: $75 /1日
  • SPGプリファードメンバー: $100 /1日
  • SPGに加入されてないお客様:$125 /1日

 

また、あらゆるところがフォトジェニックなので、どこを切り取ってもとにかく絵になります。

中庭にあるバニヤンツリー。

 

レストラン「ザ・ベランダ」(写真上)。

バー「ザ・ビーチ・バー」(写真下)。

 

ついいろいろな場所を撮影したくなってしまいます。

スポンサーリンク

モアナサーフライダーのバースデーサプライズ!

今回の旅に同行するはずだった実母の誕生日が9月だったので、実は予約時のリクエスト欄にその旨を記載しておきました。

特に何かを期待していたわけではないのですが、初日にお買い物からお部屋に戻ると、棚の上にこんなセットが。

ホテルからのメッセージをよく読んでみると……

 

 

「冷蔵庫の中にアメニティをご用意しております。」

と書かれています。

冷蔵庫にアメニティ?

何か頼んだっけ?

 

とりあえず冷蔵庫を開けてみると……なんと! そこから……

バースデープレートが!!!

チョコレートケーキはボックス型でなんともキュートです。

 

これには驚きました。

一応、チェックイン時に母が来られなくなった旨は伝えたのですが、それでもホテル側のお気持ちがとっても嬉しかったです。

 

しかも、これだけではありません(笑)。

その翌日もお出かけから部屋へ戻ると今度は……

 

バースデーカードとバースデーバルーンがお出迎え。

ちなみにこちら、ホテルからのサービスということで、全て無料です。

 

スタッフの皆様、本当に、本当にありがとうございました!!!!!

 

次回は必ず母も連れて戻ってきたいです。

それほど素晴らしいステイとなり、改めて感謝申し上げます。

 

そしてこのバルーン。

お部屋で娘のいいおもちゃになりました。

最終的に持ち帰っては来られませんでしたが、彼女にとってもいい思い出になったんじゃないかな。

スポンサーリンク

まとめ

今回の宿泊は、Kaligo経由の予約とSPGスターポイントを利用した無料宿泊というイレギュラーな予約方法だったにもかかわらず、ホテル側のご厚意に甘えさせていただき、素晴らしいステイとなりました。

モアナサーフライダーは高級ホテルの部類に入りますので、普段なかなか宿泊することは叶いませんが、SPGアメックスを利用し、なんと2泊も無料で宿泊できてうれしかったです。

私のメインクレジットカードであるSPGアメックスについてはこちらで詳しく解説しています。

 クレジットカード継続特典としてSPG系列ホテルの無料宿泊権利がもらえるという特徴があるため、SPGアメックスを2年間使用すれば、誰でも最低一泊はモアナサーフライダーに無料で宿泊することが可能です。 

 

気になる方はこちらから続きをご確認ください。

 

\SPGアメックス解説記事/

SPGアメックス特典利用で無料宿泊できたホテル、すべて公開します【利用歴2年目、結局いくら得したのか?】

2018.02.23

SPGアメックスを持つべき人、持つべきではない人の特徴とは?

2017.10.24

SPGアメックスで家族旅行を実質無料化する方法【キャンペーンと紹介制度を一挙紹介】

2017.10.20

【SPG・マリオット】マカオでの滞在先もSPGアメックスをフル活用!子連れ旅を安心・安全・上質に格上げする方法とは?

2017.01.13

 

\子連れハワイ2017レポート/

子連れハワイ アウラニ・ディズニーまでレンタカーで行く方法とは?

2017.10.10

子連れハワイ 2017年10月から1Dayパス登場!路線バス(The Bus)を使ってみた~ホノルル動物園からカハラモールへ~

2017.10.02

子連れハワイ ディズニー・ストア(アラモアナ店)へ~プリンセスドレス購入編~

2017.09.29

子連れハワイ $16ベビーカーをウォルマートで購入する方法~行き方&最新価格情報~

2017.09.28




スポンサーリンク








よく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*