香港ディズニーランド旅行必携の年会費無料クレジットカード厳選2枚

スポンサーリンク




香港ディズニーランド旅行にマストなクレジットカードって?

海外ディズニーランドへ行こう! となった場合、考えなければいけない大きなハードルこの3つ。

 

  1. 言葉
  2. お金
  3. 保険

 

このうち、言葉の問題はili(イリー)を利用すれば済む話ではありますが、今回はお金と保険の問題が一挙に片付く2枚のクレジットカードをご紹介します。

どちらも実際に私が旅行時に利用している2枚です。

香港ディズニーランドに行く際にはどんなクレジットカードを持っていたらいいんだろう? という方はぜひ続きを読み進めてくださいね。

 

「お金の困った!」はセディナカードJiyu!da!で解決する

まず最初におすすめしたい1枚が、セディナカードJiyu!da!。

このクレジットカードは、空港や街中にある外貨キャッシングをする際に便利な1枚です。

 

▶セディナカードJiyu!da!基本情報

お申し込み対象高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方
年会費本人会員:無料 家族会員:無料
カード紛失・盗難保険届出日から60日前までさかのぼって補償
ショッピング保険(動産総合保険)50万円まで(購入日から180日間)
国内旅行傷害保険1,000万円まで(利用条件)
海外旅行傷害保険
ショッピングお支払方法2回払い、リボルビング払い、分割払い、ボーナス一括払い、ボーナス2回払い
キャッシングお支払方法1回払いまたは残高スライド定額リボルビング払い
お支払日毎月末日締め・翌月27日払い
その他
  • 海外ショッピングのご利用分がポイント3倍
  • 全国のセブン-イレブン、ダイエー、イオン各店舗で毎日ポイント3倍
  • お支払い自由自在(月々払い・よゆう払い)

 

あやちん
外貨キャッシングのメリットは、何と言っても手数料の安さです!

 

海外旅行時に現地で支払う方法は主に3つあります。

 

  • 現地通貨
  • クレジットカード
  • トラベラーズチェック

 

私はたいていクレジットカードで決済していますが、海外旅行にはチップがつきもの。

そして、そのチップを支払う時にはどうしても現金が必要です。

そのためだけに高い手数料を支払って両替するのも……という時は、現地のATMで外貨キャッシングが便利なので、よく利用しています。

外貨キャッシングは文字通り「外貨をキャッシング(借りる)」行為。

後々返済が必要となるため、借りている期間が短ければ短いほどキャッシングの手数料は安く抑えることができます。

 

 つまり、繰り上げ返済ができるクレジットカードを発行し、外貨キャッシング&繰り上げ返済することで、両替した際の手数料をかなり安く抑えることが可能になるんです。 

 

この条件にピタッと当てはまるのが、セディナカードJiyu!da!(もしくはそのほかのOMCブランドのセディナカード)です。

 

 

また発行する際はVISA、MASTER、JCBと各ブランドから選ぶことができますが、外貨キャッシングの手数料が一番低いのが、MASTERカードとなります。

そのため、海外旅行時に1枚は持参するようにしましょう。

 

セディナ・OMC系カードをおすすめするポイント
  • 年会費無料
  • Pay-easyでキャッシングした金額を繰り上げ返済できる

 

あやちん
セディナカードJiyu!da!はリボ払い専用カードですが、支払い設定額を上限まで引き上げておくことで、手数料がかからず実質1回払いを実現することができます

 

セディナカードJiyu!da!発行&5,000円利用で1万円をもらおう

年会費無料のセディナカードJiyu!da!を発行して5,000円以上利用すると、10,000円分のポイントがもらえるキャンペーンをご紹介します。

 

これはちょびリッチというポイントサイトで実施されている枚数限定で還元ポイントが大幅にアップするという内容のものです。

 

公式サイト

無料で登録・利用できるちょびリッチを見てみる

 

最近では年会費無料のクレジットカードで、10,000円分のポイント(現金化可能です)がもらえるキャンペーンは少なくなっているため、早期終了が予想されています。

近々海外旅行へ行く予定のある方は、セディナカードJiyu!da!の発行を考えてみてくださいね。

 

「保険の困った!」はUCSカードで解決する

海外旅行に行くときの保険代金を節約したい……と思ったことありませんか?

一人旅であれば、エポスカード1枚あれば事足りるかもしれませんが、我が家のように家族4人で海外旅行へ行くことを想定した場合、エポスカードだけでOK! というわけにはいきません。

そこで今回ご紹介するのが、UCSカードです。

 

公式サイト

UCSカード

UCSカード(マイメロディカード)

ドラゴンズカード
※ドラゴンズカードのみ年会費300円かかります

 

UCSカードは、ユニー・ファミリーマートホールディングス傘下の株式会社UCSが発行する流通系【年会費無料】のクレジットカードです。

特に、ポイント還元される機会が多いので、アピタ、ピアゴでお買い物する機会が多い方は、持っておいて損することはない1枚です。

 

ではなぜ、このUCSカードが海外旅行保険の節約につながる1枚なのでしょうか。

その理由は「旅とくプラス」にあります。

 

 

 年会費無料のクレジットカードで、海外旅行損害保険が家族分まで自動付帯。 

こんなカードあったのか! と見つけたときにとっても驚きました。

しかし、ただUCSカードを発行しただけでは「海外旅行損害保険が家族分まで自動付帯」とはなりません。

UCSカード発行後、「旅とくプラス」という有料サービスに加入する必要があります。

 

あやちん
有料と言っても年額1080円で家族全員分の保険が自動付帯! 正直、UCSの海外旅行保険はコスパよすぎでしょ!

 

▶UCSカード「旅とくプラス」の特徴

  1. 本人カード、家族カードともに年会費が無料
  2. 本人、配偶者、同居の子ども、別居の未婚の子どもの海外旅行損害保険が自動付帯
  3. 1年間のうち何度でも使える

 

私のマイラー友達に4人のお子さんを子育て中のママがいるのですが、彼女はこの情報を知ってすぐに入会していました。

 

海外旅行の補償は最大90日間。

 

▶海外旅行時の補償内容と金額

補償内容保険金額
死亡・後遺障害1000万
傷害治療100万
疾病治療100万
救援者費用100万
賠償費用2000万
携行品損害1点10万/年20万(自己負担3千円)

 

海外での急な発病・事故等で困った場合は、AD海外あんしんダイヤルへ電話し、相談することが可能です。

 

 

また、カードの利用付帯が条件になりますが、「UCS旅とくプラス」は国内の旅行損害保険も含まれています。

国内旅行の最大補償期間は、最大30日。

 

▶国内旅行時の補償内容と金額

補償内容保険金額
死亡・後遺障害最高1000万円
入院(8日以上で1日目から)3,000円/日
通院(8日以上で1日目から)2,000円/日

 

国内旅行の補償対象は?

「UCS旅とくプラス」国内旅行の補償を受けるには以下のような条件があります。

  • 航空機・電車・船舶・バスなどの公共交通乗用具の乗車料金をUCSカードで支払い、乗客として搭乗している間の事故を補償するものである

※タクシーや日帰り観光バスは含まれません

  • UCSカードで代金を支払ったパッケージ旅行(宿泊あり)に参加中の事故である

※内金(旅行代の一部)を現金でお支払い済みでも、残額をUCSカードで支払えば補償の対象となる

  • UCSカードで代金を支払ったホテル、旅館等の宿泊施設に滞在中の火災または爆発によって被った障害である

 

また、「旅とくプラス」に登録していると、旅行傷害保険の他にも、シティツアーズ電話予約センターで海外旅行に参加するたびに、1,000円のギフトカードがプレゼントされるという特典もあります。

 

UCSカード発行までの流れ

UCSカードの発行には、少々時間がかかります。

ご参考までに私の場合を書きますね。

 

▶UCSカード発行の流れとスケジュール

2018年8月2日UCSカード公式サイトからカードを申し込む
2018年8月15日自宅に口座振替依頼書が郵送で届く
2018年8月16日カード入会審査完了メールが届く
2018年8月19日カードが自宅に届く

 

発行時に電話確認がされる場合もあるようですが、今回はそのようなことはありませんでした。

UCSカードが手元に届いたら、UCSカード:旅とくプラスに申し込みをすれば、年間1,080円で家族全員分の海外旅行保険が自動付帯となります。

 

UCSカード「旅とくプラス」をもっとお得にする裏技とは?


 

年間1,080円で家族全員分の海外旅行保険が自動付帯となる「旅とくプラス」。

これだけでも十分お得ですが、この1,080円を節約する方法があります。

 

あやちん
海外旅行に行くことが決まっている年だけ申し込みをし、海外旅行の予定がないときは申し込まなければいいんです!

 

この「旅とくプラス」は年間契約となります。

つまり、旅行に行く予定がないときは「旅とくプラス」を解約してしまえば、年会費無料のクレジットカードとして普段のお買い物等で使うことができます。

逆に、こちらから申し出ない限りは「旅とくプラス」費用は自動更新となりますので、不要な場合は必ず解約の連絡をするようにしてくださいね。

 

あやちん
UCSカードは比較的審査基準のゆるい流通系クレジットカードなので、18歳以上(高校生を除く)の安定した収入のある方であれば、通過すると考えておいて問題ないでしょう。

 

まとめ

 

今回は、香港ディズニーランドへ行く際に持参すると便利な2枚のクレジットカードをご紹介しました。

海外旅行は現地滞在費だけでなく、間接的にかかってくるお金の流れを工夫することでよりお得に旅を楽しむことができます。

なかでも年会費無料のクレジットカード特典は個人で把握するのも大変なので、今回の記事がお役に立てたら幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。 

 

公式サイト

セディナカードJiyu!da!
※10,000円分のポイントをもらうなら、無料で登録・利用できるちょびリッチ経由での申し込みが必要です

UCSカード

UCSカード(マイメロディカード)

ドラゴンズカード
※ドラゴンズカードのみ年会費300円かかります




スポンサーリンク








よく読まれています