RISU、開封。

スポンサーリンク




今朝お知らせしたように、算数先取り学習「RISU」用のRISUタブレットが我が家にやってきました!

中を開けるとこんな感じ。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験体験記へ 
人気ブログランキングへ

真っ青なカバーに身を包んだクールなヤツが顔をのぞかせます。

11052857_593062377495416_7183376596484435262_n

同封物はタッチペンと充電用ケーブルとアダプタ。
そして簡素な説明書(←褒めてます)と可愛らしいお知らせ(←うん、褒めてます)が。

10402513_593062397495414_5070629190288073557_n 11033177_593062417495412_5823271321634487378_n 10253857_593062434162077_4967222959132518888_n

なんというかね。
この手書きの署名がとっても温かく感じるのですよ。
タブレットを使った教育ということで、時代の先端をいってる教材ではあるんだけど、ちゃんと“人が作ってるんだなぁ”って。

人の気配を残したちょっとしたアナログ感が私は好きだし、とっても好意的に感じました。

11031139_593062447495409_2465429542163167080_n

また、タブレット本体に息子の名前シールが貼られており、兄さんは「これはパパのでもない、ママのでもない、自分のもの」なんだと大喜び(笑)。
実際に電源を入れて学習を始める前から、デバイスに愛着が持てるような仕組みはしっかり息子の心を捉えていました。

これ、単に管理上の問題なんですかね?
それとも子供に自分の所有物であると認識させるための施策?

いずれにせよ、兄さんには好評でした(*´∀`*)

さてさて、充電しないまま早速スイッチオン。
wifiの設定を旦那がさくさくこなし、息子はさっそく「実力テスト」(現段階でどの程度の力があるのか判定するもの)にトライしてみました。

私は家事をしながら…でしたが、隣で見ていた旦那は「へぇ~、意外とわかってるもんなんだな」と兄さんの算数力に少し驚いていたようでした。

というわけで、これからは毎晩の夜活にRISUを投入していきます!
内容はしっかりお勉強なんだけど、デジタルデバイスになるだけで本人は“遊び感覚”になれるのだから不思議なものです。

親としては、いかに飽きずに続けられるかがポイントだと思っています。
そしてこれからカリキュラムの内容もじっくり見て、またその内容をレポート予定です。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験体験記へ 
人気ブログランキングへ




スポンサーリンク








よく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*