11:口頭試問の力を伸ばす方法

スポンサーリンク




☆小学校受験ダイジェスト01~10はこちらからどうぞ☆

9月に受けたお教室主催の模試。
この時期の兄さんは「ここに来たらどう振る舞うべきか、何をすべきかがわかってきている。授業も楽しく意欲的に取り組んでいるし、自ら“気付いた”時のひらめき力が素晴らしいので、授業中にすべてを理解させずにあえて疑問を持たせるように接している」というように先生から評価していただいていました。

そりゃあ私も模試の結果が楽しみになるというものです!

後日、送付されてきた模試の結果を見てみると……
あれ?(笑) 確かに全体的に伸びてはいるけど、まだ合格圏に入ってない(笑)。
口頭試問とペーパーが大きな課題であることは最初に受けた模試から相変わらずという状態でした(´Д`;)

旦那も私も軽くショックを受けましたが、兄さんにこれまでの成績表を時系列に並べて全て見せて
「ほらほら!こんなにできるようになってる!!」
と、行動観察、運動、制作を中心に話をし、
「がんばったね!ほら、行動観察は特に伸びてるよ~」
と褒めまくりました。

ただ、合格圏に入ってないことは本人も理解していたので……

「つぎはペーパーとせんせいとのおはなしをもっともっとがんばる!」
なんて気合を入れ直していたので、息子のモチベーションを保つ上でも思い切って見せてよかったと思っています。

そして私は、この模試の結果をお教室に持参し、授業後に先生からアドバイスをいただくようにしました。

先生は
「今、この時期にピークが来ても困りますし、なんといっても伸びていることが大事だと思います。模試は便宜上順位がついてしまいますが、まったく気にしなくて大丈夫です。これまで毎回成績を上げてきているというのは素晴らしいですし、当日にピークを持ってくるという意味では、むしろ理想的な展開です」
と励ましてくださいました。

さらに、息子の弱点である口頭試問の力を伸ばすためには、両親がいい見本と悪い見本を見せ、どちらがいい振るまいかを子供自身に評価させ、「こういう時はこうした方がいいんだ」と考えられるように導くという方法を教えていただきました。
この方法は自宅だけでなく、登園途中や週末のお出かけ時の公共マナーを指導する際にも大変役に立ちました。

結果、息子は電車内で優先席を見つけると「ここはぼくがすわるばしょじゃないね!」と言って、座るのを避けるようになり、その成長に喜びを感じたものです。

こうしたことを積み重ねてきたのがよかったのか、本番間際の口頭試問講習ではいい評価をいただけるようになり、本番当日までに「なんとか間に合った」状態でした。

それもこれも今となってはいい思い出です。

さて、お教室の通常授業も終わりに近づき、いよいよ国立大学附属小学校の一次検定の始まりです。

我が家の学区内で一番最初に一次検定の抽選が行われたのはTG大附属T小学校でした。
この時点ではまだ私立小のお受験は検討しておらず、国立大学附属小学校に通えなかった場合は公立小学校へ通うと決めて準備を進めていました。

(つづく)




スポンサーリンク








よく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*