東京都立高校入試:英語スピーキング導入決定!今すぐ始めたい英語教育3選

衝撃的なニュースが発表されました。都立高入試に英語のスピーキングが導入されるというのです。年々高まる英語熱ですが、実際に「何を」「いつから」「どうやって」身に着けさせるのかは親として頭の痛い課題です。とはいえ、逃げていても仕方がないので、自分なりに今すぐできることを考えてみましたので、ぜひご覧ください。
英語教育は待ったなし!? 高校入試が変わります

今朝、Yahoo!ニュースを見て驚きました。

まだ時期は実施時期は未定であるものの、東京都立高校の入試科目に英語のスピーキングが加わることが発表されたのです。

あやちん
これ……うちの小3男子と年少女子が高校受験するときはもう実施されてるよね。英語をどうやって身に着けさせるか、ますます親として考えちゃうなぁ……

教育のグローバル化が叫ばれる昨今ですが、ついに都が動き出した格好ですね。
また都が動いたということは、近隣の県へ、そしておのずとその他の地方へという流れも想像されます。

もはや英語教育は待ったなし。
そこで今回は、家庭で今すぐできる英語教育について考えてみます。

英語教育はなにから始めるべきか?

一口に英語教育と言っても、

  1. Reading 読む
  2. Writing 書く
  3. Listening 聴く
  4. Speaking 話す

という4つの能力から成り立っています。

英語を始める年齢にもよりますが、この中でどの世代でも負担なく、楽しく取り組めるものは2つです。
それは

3番のListeningと4番のSpeaking

特に英語学習のはじめはまず「英語に慣れる」「英語を聞き取ることができる耳を作る」ことからだと、七田チャイルドアカデミー内「リトルバイリンガルコース」の先生から教えてもらったことがあります。

ので、今すぐできる英語教育の1つめとして、まずはYouTubeにアップされているEnglish Song動画等を通して英語を聞き、真似して歌えるようになりましょう。

あやちん
英語を始めるって言っても、まずは気軽に無料でできるものから取り入れるといいと思う! 今の時期なら、定番クリスマスソングを英語版で聞くのがおすすめ。

歌に慣れたらPhonicsにもチャレンジ!

Phonics(フォニックス)とは、英語のつづりと発音との間にある規則性を学び、正しい発音を理解させる方法の1つです。
主に、英語圏の子供や外国人に英語の読み方を教える方法として用いられています。

このPhonicsも無料動画を通して学べます。
今すぐできる英語学習の2つめとして、Phonicsを学んでみましょう。

英語学習の導入はこの2つで十分です。

無料のオンラインレッスンでプロの手法を学ぼう!

自己流で英語教育を取り組むことに不安を覚えるママ・パパも多いと思います。
そんな時はプロがどのようなレッスンをしているのかを実際に見て、参考にしましょう。

今回はなんと!
1カ月無料でオンラインレッスンしてくれる小学生専門英会話教室LEARNie(ラーニー)をご紹介します。



▼LEARNieの特徴▼

レッスンタイプ少人数グループレッスン
レッスン内容アクティブラーニング
グループワーク
ゲーム形式のアクティビティー
レッスン時間週1回60分
講師バイリンガル
料金6,000円
入会金・教材費0円
あやちん
「やらせっぱなし」「ただ通うだけ」の状態にしたくないから英会話教室に通うのは避けてきたけど、LEARNieは「動画形式のホームワーク」「定期的なプレゼンテーションの発表動画」「講師による写真付きのレッスンレポートの提出」など、サポート体制も充実してるのはかなり惹かれるな~。

▼LEARNie30秒紹介動画▼

しかもキャンペーン中の今なら……
無料体験が2回1カ月もできちゃう!!!!!


これ、絶対に息子に体験させます(笑)。
小学生以上の場合、耳を慣らすことだけでなく、アウトプットする機会も大切になってくるので、オンラインレッスンでどんどん英語で話す力を磨いてほしいです。

12月25日までの期間限定キャンペーンなので、気になる方はまずLEARNie公式サイトから内容を確認してみてくださいね。

無料体験レッスンは公式サイト限定特典です。
↓  ↓  ↓

LEARNie公式サイトを見に行く

英語環境を整える

ここまでに出てきた「今すぐできる英語教育」をまとめます。

  1. 無料動画で歌を聴く、覚える
  2. 無料動画でPhonicsを学ぶ
    オンラインレッスンの無料体験で親も教え方のノウハウを学ぶ

続いて、3つめにできることをお話します。

それは「家庭内で英語環境を整える」です。
具体的には、いつでも英語に触れる環境を作っておくことになります。

あやちん
かと言って、受験生みたいに英単語を壁に貼りまくるわけにもいかないし、どうしたらいいんだろう?

英語環境を手っ取り早くつくるのにおすすめなのが英語カレンダーの導入です。
英語カレンダーにも幼児向け~小学生向けまでさまざま。

日常生活に英語を取り込むのにもってこいのアイテムなので、お子様と楽しく英語に触れあえたらいいですね。

▼幼児向け▼

可愛いイラストとわかりやすいカタカナルビ(発音表記)がついたカレンダー。
大人から子供まで家族みんなで楽しく覚えられそうですね。

▼小学生以上向け▼

英語カレンダーはどこに置く?

英語カレンダーを設置するのにおすすめなのがトイレ。
1日に必ず何度か利用する場所なので、親が一生懸命にならなくても自然と目につく場所を選びましょう。

おわりに

家庭で今からできる英語教育3選、いかがでしたか?
いきなり「教室に通う」ことをしなくても、お手軽に始められることを集めてみました。
いつかは英語を……と思っていても、なかなか腰は上がらないものですが、入試でスピーキングが採用されることが明らかになった今、数年後に後悔しないためにも新年に向けて新たな一歩を踏み出しましょう。

追伸:
私自身が紹介していて驚いたのが、1カ月間無料レッスンが体験できる「LEARNie」です。
4歳の娘はまだ耳を育てている状態ですが、小3の息子にはぜひトライしてもらおうと思います。

本日もお読みいただきありがとうございました。

LEARNie1カ月無料体験レッスンは公式サイト限定特典です
↓  ↓  ↓

LEARNie公式サイトを見に行く

こちらの記事もよく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*