子連れマカオ~香港ディズニーランド2017-2018旅行記【ディズニー・ハリウッド・ホテルレポート】

スポンサーリンク




いざ、子どもたちが楽しみにしていたスポットへ!

2017年末~2018年初までANAの特典航空券でマカオ~香港ディズニーランド、大阪へ家族旅行に行ってきたあやちん(@mile_tabiiku)です。

マカオから香港までコタイジェットで移動し、さらにそこから地下鉄に乗って訪れたのは香港ディズニーランド!

本日は香港ディズニーランド公式ホテル「ディズニー・ハリウッド・ホテル」をご紹介します。

 

\3分で読める旅行保険節約術

 

ディズニー・ハリウッド・ホテルとは?

香港ディズニーランドの公式ホテルは現在3つあります。

 

  1. ディズニー・ハリウッド・ホテル
  2. ディズニー・エクスプローラー・ロッジ
  3. 香港ディズニーランド・ホテル

 

 

当初は香港ディズニーランド・ホテルの宿泊を希望していましたが、宿泊予定日に空室がなかったために断念。

さらに3つの中で一番新しいオープンしたディズニー・エクスプローラー・ロッジ(2017年4月30日)ですが、私が予約手配をした時点ではまだ予約ができなかったので、こちらも叶わず……ということで、半ば消去法的な流れでディズニー・ハリウッド・ホテルに宿泊することになりました。

 

場所は香港ディズニーランドから無料シャトルバスで5分程度走った場所にあります。

香港ディズニーランドから一番近い場所にあるホテルですが、シャトルバスのルートが 香港ディズニーランド・ホテル→ディズニー・エクスプローラー・ロッジ→ディズニー・ハリウッド・ホテル という順番に回るため、降車するのは一番最後です。

 

 

ブルー×白で爽やかなディズニー・ハリウッド・ホテル外観

ディズニー・ハリウッド・ホテルをシャトルバスの停留所から撮影しました。

東京ディズニーランドの公式ホテル「ディズニーアンバサダーホテル」に似た佇まいですね。

 

 

ベンチや窓枠の形もミッキー!

この通路をまっすぐ進んでいくとエントランスがあります。

お天気がよかったこともあって、開放的で気持ちがいいです。

 

エントランスを通って右手にお土産が購入できるグッズショップ「セレブリティー・ギフト」があります。

 

私はパーク内で購入できなかった、春節衣装着用で日本未発売のSSサイズのダッフィー、シェリーメイ、ステラルーをそれぞれ購入してきました。

 

 

ハワイのアウラニ・ディズニーでもそうですが、現地でしか買えないとなるとつい買ってしまう習性があるようです(笑)。

 

公式ホテルを予約するメリット

私たちは今回、香港ディズニーランド公式サイトからホテルを予約しました。
その理由は以下のとおり。

 

  • お部屋の無料アップグレード
  • 大人2名分のシェフミッキー朝食付き
  • アトラクション優先パス2枚もらえる(写真:1枚で同行者全員利用できる)

 

あやちん
香港ディズニーランド公式ホテル周辺には気軽に食事ができる場所も購入できるお店もないから、公式ホテル滞在するなら、朝食付きプランにしておいたほうがいいよ~

 

ディズニー・ハリウッド・ホテルの内装は古き良きアメリカンテイスト

続いて中の様子を見てみましょう。

フロントを背に向けると、宿泊ゲスト用のエレベーターがあります。

内廊下はクラシカルで落ち着いた雰囲気です。

クリスマス&ニューイヤー用の飾りでお出迎えいただきました。

予約時には「公式サイトからのオンライン予約でお部屋を無料アップグレード」とありますが、実際には2階でしかも森林ビュー。
正直、アップグレードされた感はありません。

 

スタンダード・ルームのアメニティ全て見せます

ベッドは2台。

小3息子も追加料金なく添い寝OKだったのはありがたいです。

 

 

ミニタオルで作られた雪だるまがかわいい。

ポストカードもスリッパもクリスマス&ニューイヤー仕様でした。

 

洗面所。

ユニットバスで狭いです。

ドライヤーもありますが、風が弱めでした。

 

アメニティはこの館の中に。

初日に置かれてたもののほかに、翌日もう1つ新しいものを置いてくれたので、兄妹で取り合いにならなくて済みました。

この缶は小物入れに使えそう。

 

 

リンスインシャンプーとボディソープはH2Oのものでした。

缶には入ってませんでしたがついでに撮影。

 

アメニティは歯ブラシセット、コットン、綿棒等必要最低限のものだけです。

屋内設備は……

 

テレビ、テーブル&チェア、ミネラルウォーター2本(確か750ml程度)と

 

ティーコーナー。

こちらもかなりシンプルです。

 

ただし、ツーリスト向けに変換アダプタが常備されているのは助かりました。

マカオでの滞在先が素晴らしかったこともあるのですが、こちらのホテルは滞在を楽しむというよりも、パークとホテル間の移動時間を極力減らして、寝に帰る場所として割り切って利用するのがいいと感じました。

あやちん
シャワーの水圧も物足りなかったな……

 

香港ディズニーランドを最安で楽しむ方法はコレだ!

香港ディズニーランドへの旅を最安で楽しむ方法をご紹介します。

それは、公式サイトを使わないこと。

 

これは私自身が公式サイト経由でホテルと1デー・チケットを予約をして感じたことです。

公式サイトは日本語表記で見やすく作られていますが、ここに掲載されていることが現地フロントですべて反映されているかは正直不透明です。

中国語が話せれば問題ありませんが、そうでない場合は、チケットはVoyaginKlookで購入すれば約12%オフになるので、そちらの方が圧倒的にお得です。

 

またホテルも公式ホテルにこだわる必要はまったくありません。

その理由はやっぱり割高だから。

 

私が宿泊したディズニー・ハリウッド・ホテル。

春休み期間の1泊あたりの価格は28,337円(Hotels.comの検索結果)。

 

 

一方、私が大好きなマリオット系列ホテルの場合は……

 

4.5つ星にランクアップしたにも関わらず宿泊費は1万円以上安くなってしまいます

コートヤード バイ マリオットに関しては、13,000円以上安くなります

その分移動の負担は増えますが、香港は地下鉄も東京ほど複雑ではなくわかりやすいので、私だったら次回以降は自分の好きなホテルを選びますね。

 

また、東京ディズニーランドほど混雑しないと言われる香港ディズニーランドですので、アトラクションの優先パスが欲しいために公式ホテルを……と考えなくて大丈夫です。

実際に私は2枚のうち1枚を使用せずに帰国し、なんだか失敗した感すらあります(笑)。

 

ということで、香港ディズニーランドへの旅を最安で楽しむための方法をまとめます。

 

香港ディズニーランドを最安で楽しむ方法

公式サイトで予約しない

  • パークチケットはVoyaginKlookで割引(12~15%オフ)チケットを購入する
  • 宿泊ホテルは公式ホテルにこだわる必要はない

 

さいごに

優雅なホテルステイは期待できないまでも、立地の面ではやっぱり公式ホテルが一番です。

旅行時に何を重視するかは個々によって異なりますので、じっくり考えて最適なステイとお過ごしください。

 

また、今回ご紹介したディズニー・ハリウッド・ホテルは、子連れなのでパークを出てシャトルバス1本、しかも乗車時間も5分程度ですぐにホテルまで到着するという魅力は計り知れないものがありました。

 

くれぐれも公式サイトから予約せずに、

 

  • パークチケットはVoyaginKlookで割引(12~15%オフ)チケットを購入する
  • 宿泊ホテルは公式ホテルにこだわらない

 

をお忘れなく。

 

\3分で読める旅行保険節約術/

 

\香港ホテル最安値検索はこちら/

 




スポンサーリンク








よく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*