【陸マイラーブログ初!?】「マイルで旅育。」にスポンサーがつきました

スポンサーリンク




当ブログにスポンサーがつくまでの全過程をお見せします

本日は1つご報告させていただきます。

このたび、「節約リッチ生活」を運営するりらさん(@rila_srich )に当ブログをスポンサードしていただくことになりました。

応援いただいているからにはご期待に応えられるよう、ブロガーとしてより一層邁進してまいります。

ということで今回は、りらさんにご支援いただくことになった経緯をお話いたします。

頑張らない節約で貯金を叶えるブログ『節約リッチ生活』

 

りらさんのスポンサー募集企画を知ったきっかけ

私がりらさんのスポンサー募集企画を知ったきっかけは、Twitterの投稿でした。

Twitterを活用されている方はすでにご存じかと思いますが、最近では人気ブロガーの方が同じブロガーを支援する動きが広がってきています。

実は、りらさんにご支援いただく前にもTwitterでフォローさせていただいている方がスポンサーを募集していると知った際は、スポンサーをお願いするDMを送っていた時期がありました。

 

あやちん
結果、すべて玉砕です。

 

当然のことながら、スポンサードする側にも希望があります。

私のブログでも教育資金の貯め方をご指南いただいた、「BANK ACADEMY」の小林亮平さん(@ryoheifree)がスポンサー企画を実施した際にスポンサー基準を公開されているので、さっそく見てみましょう。

 

  • 投資分が回収できるか…は気にしない
  • 実績やPV、親和性はあまり気にしない
  • すでに行動しているか。「これから●●します~」では無い人
  • 自分なりに考えて、柔らかくても良いから「成功への卵」を作っている人
  • 他にはない個性(色)が見える人

 

私は、スポンサーされる方は自分が運営するブログとの親和性を重視しているだろうと勝手に思い込んでいましたが、小林さんのように「親和性はあまり気にしない」という方もいらっしゃるのだと驚きました。

りらさんが今回、どのような選考基準でスポンサーになるブログを選んだのかは明かされていませんが、私自身はりらさんが運営されているブログとの相性をアピールしました。

以下にスポンサーをお願いした時のおおまかな文面を載せます。

 

スポンサー応募時に送ったメール内容を公開

私はりらさんのスポンサー企画に応募する際、あらかじめ提示されていた応募条件のほかに、以下の点に気を付けて文面を作成しました。

 

  1. ブログを支援していただきたいと思った理由
  2. ブログの読者層と「節約リッチ生活」との親和性
  3. ブログ戦略とご支援いただいた際のメリット

 

上記を踏まえ、以下のような内容をメールフォームよりお送りした次第です。
(一言一句同様ではありませんが、お伝えしている内容に変わりはありません)

 

スポンサー応募時にお送りしたメールの内容(抜粋)

(あいさつ文)

当ブログの主な読者は現役子育て中のママやパパです。

陸マイラー活動は【旅費の節約】ともいえる活動であり、りらさんが運営されている「節約リッチ生活」との親和性が高いと感じているため、今回のスポンサー企画に応募させていただきました。

現在ブログのPVは毎月増加しているだけなく、スポンサードしていただく時期に一番検索されるワードの複数クエリで現在Google上位を獲得しており、これからさらなるPV増加を見込んでおります。

(あいさつ文)

 

数日後、りらさんから1通のメールが届き、

 

「ブログを拝見し、ぜひあやちんさんのスポンサーをさせていただきたいと思いました。」

 

という文面を拝見したときには、それはもう、その場で飛び上がってしまいたくなるほどうれしかったです。

今回は約50名もの方から応募があったとのこと。

 

 

10名のうちの一人に選んでいただけたこと、本当に光栄に思います。

そして、すぐに入金も確認させていただきました。

 

あやちん
ご期待に沿えるよう、より一層がんばりたいとブログに対しての熱量がアップしました

 

まとめ

 

ブログを収益化することを考えた場合、「役に立つ記事を増やす」ということは当然ですが、そのほかの道があることを今回りらさんに教えていただき、改めて感謝申し上げます。

私自身はまだどなたかのスポンサーができる域に達せてはいませんが、自分ができることの一歩として、少し前にこんな企画を実施させていただきました。

 

1つは購入したものの、自宅で保管状態となっていた「JETKIDS」をお譲りする企画。

 

そしてもう1つは、余っているシンガポール$(2,700円相当)を使っていただくという企画。

 

どちらもすでにお譲りする方が決まっているため、現在応募は受け付けておりません。

しかし、これからも同じような機会を作り、私なりの形で「がんばるあなた」を応援させていただきたいなと思っております。

引き続き、当ブログをどうぞよろしくお願いいたします。




スポンサーリンク








よく読まれています