「やってはいけない小3までの~」は乳幼児パパ・ママも必見です

スポンサーリンク




「ディズニーの英語システム」無料サンプルプレゼント!
5年連続売上日本一の英会話教材/エブリデイイングリッシュ
初回注文は50%OFFで実施中! 食材宅配サービスの『夕食ネット』♪

【おまけ】送料込でポイント2倍! 楽天内で買うならBOOKFANがオススメ

中学受験やってはいけない小3までの親の習慣/西村則康【後払いOK】【1000円以上送料無料】

価格:1,598円
(2015/9/3 09:47時点)
感想(0件)


[中学受験]やってはいけない小3までの親の習慣が昨晩到着したので、今朝の通勤時間から読み始めました。

現在、半分程度。
後半どうなるのか今から楽しみですが、前半を読んだ範囲での個人的な感想を書きたいと思います。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ 
人気ブログランキングへ

まず「~小3までの」とあるとおり、0歳児の時点から小3までの間に子供がどのような成長過程をたどっていくのか、そして、親(といっても母親メインで)ができること、子供との関わり方などが最初に紹介されています。

私は7歳男児、2歳女児の育児中なのでまさにドンピシャ!
兄さんだけでなく妹さんの学習においても参考になることが書かれているのはありがたいところです。

「~小3までの」と書かれていても、西村先生の本なので勝手に小学生以上の子を育てる親向けなのかな? と思っていたのですが、いい意味で予想を裏切られました。

そして本書は、[中学校受験]とタイトルの頭についてますけど、[中学校受験]する、しないに関わらず、小3までのお子さんを育てているパパ・ママであれば「知っておいたほうがいい」ことがたくさん掲載されています。

例えば、詰め込み型の早期教育に関する考え方やTVやDVD、そしてスマホやタブレットなどのデジタルデバイスとの付き合い方。
先生はそれらにどちらかといえば否定的な考えをお持ちであることも読み進めていけばわかりますが、頭ごなしに「やめなさい」と言っているわけではなく、その加減だったり使いようだったりが率直に書かれています。

要はそんなことより「親子での遊びが大事」ってことですね。

子供と遊ぶときは親も真剣に、楽しく、笑顔で遊びましょう、と。
その遊びこそが子供の地頭を作りますよ、と。
さらに、時には遊びの中に「子供の知的好奇心を刺激するような声かけ」も混ぜていきましょう、というのが前半の見所の1つかと。

すでに“子供を賢く育てる”的な育児本を数冊お読みの方であれば、目から鱗! の何かがあるとは思いませんでしたが、改めて自分自身の子育てを振り返り、今後の指針を考える上では十分役に立つと感じました。

また、娘を1歳から幼児教室に通わせている身としては考えさせる部分もありますが、うちは毎日○○○枚のカードを見せてます! というわけではなく、お教室の宿題も気が乗るときにやるだけというゆる~いスタンスなので、今のところ先生のご指摘されている部分を危惧するようなことはないんじゃないか? という印象です。

なので、本書を読んだからすぐにお教室やめなきゃとは考えていません。
娘が楽しんでいるうちは私も一緒に楽しんで通いたいと思っています。

そうそう!
第二章に賢い子、伸びる子の特徴が2つ書かれています。
これはまさに家庭での日々の会話や取り組みの中で磨かれる部分なので、親として意識しながら過ごしていきたいと感じました。

気になる方はぜひチェックしてみてください。

また読了しましたら後半の感想書きます。
私自身も続きが楽しみ。



  

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ 
人気ブログランキングへ




スポンサーリンク








よく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*