子連れマカオ~香港ディズニーランド2017-2018旅行記【マカオで世界遺産めぐり】

スポンサーリンク




XmasとNew Yearでマカオはお祝いムード満点!

2017年末~2018年初までマカオ~香港ディズニーランド、大阪へ家族旅行に行ってきたあやちん(@mile_tabiiku)です。

初日は移動と宿泊先ホテル周辺散策で終了しましたが、翌日はマカオの世界遺産地区へ観光に行ってきました。

今回はその模様をレポートします。

 

ホテル⇔世界遺産地区の移動方法は?

世界遺産の街と言われるマカオ。

マカオには30個の世界遺産があり、22の建造物と8つの広場が世界遺産登録されています。

今回はそのすべてを見ることはできませんでしたが、いくつかを観光してきました。

 

私たちが宿泊していたのは、コタイ地区。

コロアン島とタイパ島のあいだをつないで埋め立てた 「コタイ地区」は、近年大規模なリゾート開発が進行中です。

 

宿泊先のJWマリオット・ホテル・マカオからの眺めもこのとおり圧巻!

どこもかしこも煌びやかで大型CASINOがたくさんあり、マカオ=CASINOというイメージの元となる地区です。

このコタイ地区から世界遺産地区のあるマカオ半島へはバスやタクシーを使って移動をしなければなりません。

 

あやちん
そうそう、マカオは鉄道がない街。その分、ローカルバスがとても発展しているんだけど、運転が荒い人が多い印象だよ。

 

頼りになるGoogle Map

私たちはホテル最寄りのバス停からローカルバスを利用することにしました。

ただ、初めて訪れる場所でのローカルバスを使うのは少々ハードルが高いですよね。

でも今はGoogle Mapがあり、バスがどこを走っているのかをリアルタイムで見ることができるので、思い切ってチャレンジです。

 

ホテルから目的地であるセナド広場までは1時間程度あれば到着する距離です。

 

▼マカオローカルバス乗り方のポイント▼

  1. 前から乗車し、後ろから降りる
    ただし、バス停で待っているだけではバスは止まってくれないため、乗りたいバスが近づいてきたら手を挙げて運転手に知らせる
  2. 運賃は乗車時に料金回収ボックスに表示されている金額を支払う
    どこで降車しても値段は変わらない
  3. 降りたいバス停がアナウンスされたら、降車希望ボタンを押す
    日本と同様のシステムなのでわかりやすい
  4. バス停で降りる

 

世界遺産地区内は徒歩で回れる

私たちは予定していたバスとは違うものに間違って乗ってしまいましたが(笑)、マカオ島方面に向かう場所だったので結果オーライ!

Google Mapでバスの現在位置を確認しながらだったので、不安も迷いもほとんどなく、セナド広場まで行くことができました。

この時期にクリスマスツリー!? と驚きましたが、こちらはクリスマスと新年を一緒にお祝いする風習があるようであちらこちらでクリスマスツリーとクリスマスディスプレイを見ることができました。

   

 

セナド広場に続いて訪れたのが……

聖ポール天主堂跡です。

そこからさらにモンテの砦へ。

見晴らしがいいので、子どもたちも大興奮です。

高所恐怖症の私は遠巻きに眺めるだけで十分でした(笑)。

 

スターバックス:マカオ限定グッズがかわいい

スターバックスコーヒー上陸15周年を記念した限定グッズが発売されていました。
スタバファンには堪らないのではないでしょうか。

私はネームタグとピンズセットを購入しました。

ちなみに同じラインナップで香港でも記念グッズが売られていました。

 

現地でいただいたブラックベリーフラペチーノも子どもたちに大好評でしたよ。

スポンサーリンク

 

さいごに

 

一通り散策したあとは往路同様にローカルバスでコタイ方面に戻り、JW マリオット KIDS CLUBで子どもたちを遊ばせました。

次回はその模様をお届け予定です。

しばらくは子連れマカオ~香港ディズニーランドレポートが続きますが、引き続きお付き合いいただけたらうれしいです。

\さっそくチェック!/




スポンサーリンク








よく読まれています