くもんの先生からの教えと母の教え

スポンサーリンク




「ディズニーの英語システム」無料サンプルプレゼント!
5年連続売上日本一の英会話教材/エブリデイイングリッシュ

今朝の兄さん。

起床してからさっさと朝食を済ませ、着替える前に「くもんのしゅくだいやっちゃう」と自ら言い、宿題としてもらってきた算数10枚、国語5枚、そして英語をタタターッと終わらせ、残りは大好きなLEGOタイムに費やしていました。

いやはや。
この変化にビックリ。

その理由を探ってみると、いくつか思い当たるので以下に書き出してみます。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験体験記へ  
人気ブログランキングへ

・くもんの先生から「くもんは運動会のかけっこと一緒。一度走り出したらゴールまでまっすぐ走ろう」とお話された
→これ、私が先日兄さんに話した内容とほぼ同じで驚きました。
家と教室とで主張が違えば息子も混乱したかもしれませんが、偶然にも一致していたので、本人も改めて納得できたものと思われます。

・くもんの算数で目標としていたことをクリアしたので、「自分はできる!!!」と自信を深めた
・くもんの国語が進級して、賞状をいただきやる気アップ!
・「早くやれば早く終わる」方がいいと本人が実感できている

自宅から一番近いくもん教室の先生は、決して愛想がいいわけでも、特段にこやかな方でもありません。
兄さんの中で先生=やさしいというイメージができていたこともあり、通い始めた当初は「くもんいきたくない」と話していましたが、親としては子供に媚びることなく、冷静に実力を見極めて指導してくださる様子に好感を抱いていたんです。

そして、今、息子の変化を目の当たりにしていて、あー、やっぱり今の教室、今の先生でよかったなぁと。
これからもまだまだ山はあるかと思いますが、まずは1つ乗り越えることができたような気がしています。

※兄妹の朝活、夜活記録はまた別エントリーにて更新します。


  

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ にほんブログ村 受験ブログ 小学校・幼稚園受験体験記へ  
人気ブログランキングへ




スポンサーリンク








よく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*