CA妻を持つ元上司が語る、CAと結婚して良かった「たった1つ」のこと

スポンサーリンク




CA妻との生活するための心得、教えます

SFC修行をしたことで、2017年は普段よりも多く飛行機に乗る機会が多かった、あやちん(@mile_tabiiku)です。

SFC修行ではビジネスクラスを利用したことで、キャビンアテンダント(CA)の方とお話することがたびたびありました……って、そういえば元上司の奥様がJALのCAだったじゃん! ということで、急きょインタビュー取材敢行。

元上司に今でも現役CAである奥様と結婚して良かったこと、そして、CAを妻との生活全般についてお話を聞いてきました。

さっそくですが、その模様をレポートします。

CA妻の夫はこんな人

私は都内の出版社で編集者として働いています。

職業柄でしょうか、仕事を通じて知り合った男性の奥様はモデル、CA、料理研究家、スタイリスト、ヘアメイクアーティスト、一部上場企業の受付嬢……など、いろいろなパターンが多いです。

そういえば元上司の奥様もCA。

そして、元上司は出版プロデューサーとして活躍しており、かつてはフリーランスの編集者として、メンズファッションに造詣の深い方でした。

このところ飛行機に乗る機会の多かった私は、俄然、元上司と奥様の私生活が気になり、思い切って話を聞いてみました。

 

CAと結婚してよかったこと、ありますか?

 

1つ目の質問は、やっぱりこれ。

誰もが羨むCAを奥様に持つとどんなメリットがあるのでしょうか?

出版プロデューサーとして活躍している元上司は、ギョーカイ人らしい(?)期待を裏切らない返事をくれました。

 

「そりゃあもう奥さんがいない期間がたっぷりあるってことだよね!」

 

おい、こら(笑)。

と、一応人妻である私は心の中で一人ツッコミです。

元上司は続けます。

 

「だから、仲はいいよ。毎日顔合わせてたらどうしたって衝突することも出てくるから」

 

あやちん
ほうほう……そういう前向きな理由なんですね!

 

前向きっていうか、前に浮気を疑われて離婚危機までいったからね。でも、その時の俺、フリーランスになったばっかりで、分ける財産すらなかったの(笑)。だから、このまま離婚したら奥さんの方が損するって気が付いてあっちが踏みとどまったって感じかな」

 

あやちん
浮気疑惑に離婚危機、ですか。なかなか大変でしたね。

 

「まあ、ちょうどいいタイミングで子どもできたからってのもあるかも。ただ、産後の奥さんには子どもの面倒は俺が見るから、仕事は好きなように続けていいって話はしたの。その日以来、子どもの食事もお弁当も俺が全部やってるんだ

 

あやちん
お! ようやくちょっと尊敬できるエピソード聞けてほっとしました(笑)。

 

「あとは、あちこち行ってるからいろんなものを知ってる。日本未入荷のブランドなんかもすぐに仕入れてくるから、ファッションが好きな男性にはそういう奥さんがいるといいだろうね

 

CAの家庭での姿ってどんな感じ?

 

あやちん
どんな職業にも裏側ってあると思うんですけど、奥様にもそういうの感じますか?

 

「あるある(笑)。常に体形と姿勢は気にしてるみたいだよ。最近、朝も夜もスムージーしか飲んでない(笑)」

 

あやちん
奥様はストイックなタイプなんですね!!

 

「いやいや、最近本当に太ったから後輩の手前、焦ってるんでしょ。ちなみに奥さんぐらいの年齢になると、もう新人指導がメインでフライトはドメ(国内線)がたまにあるかどうかになるよ」

スポンサーリンク

 

CAと結婚して苦労することは?

続いて、CAさんと一緒に生活していて困ったことや苦労することってあるのかも聞いてみました。

 

「そうねぇ……奥さんは子どもの学校行事と仕事の予定を合わせるのが大変だったみたい。だから、うちの場合は、子育ては俺がメインにやってたね。これは、人によっては苦労のうちになるのかも。」

 

あやちん
イクメンの走りじゃないですか!

 

「でしょ?(笑)。だから俺の作った料理、うまいよ! 多分奥さんよりうまい(笑)」

 

あやちん
それは、奥様のお料理いただいたことないからなんとも言えませんけど……ね。

 

CAと結婚できるのはどんな男性?

CAと一口にくくれるものではありませんが、最後は「CAと結婚できるのはどんな男性か」を聞いてみました。

 

「CAは職業に誇りをもっている女性が多いから、たいていの人が仕事を続けたがる傾向があるように感じる。だから、その辺は男性側が理解しないといけないだろうね

 

なるほど!

そのほかの回答は箇条書きします。

 

  • 家事は自分がすべて担うぐらいの覚悟を持つ
  • 子育ても母親任せにしない
  • マメに連絡を取る

 

男性側にこういった気持ちがないと、CAと結婚して幸せな家庭を築くことは難しいようです。

 

まとめ

あくまで元上司家庭の話ですが、いかがでしたか?

話を聞いていて思ったのは、 CAに限らずこんな男性と結婚できたら女性として幸せかもしれないということです (もちろん浮気疑惑は論外ですが・笑)。

私もフルタイムで働くワーキングマザーなので、日々、夫の協力が身に染みています。

そして改めて、陸マイラー生活は家族の協力があってこそだと感じました。

これからも自分なりに精を出し、家族にいろいろな世界を見せることで、恩返ししていきたいです。

お読みいただき、ありがとうございました。

 

番外編:CAとはこうして出会った!

もと上司はどのようにしてCAと出会ったのか、気になりませんか?

「同郷で同級生?」

「フライト時に声をかけた?」

実はどちらも違います。

 

正解は……「マッチングアプリの利用」だったそうです。

 

フライト中、そしてその前後はCAにとっては業務時間。

気になる方ができたとしても、なかなか自分から声をかけることは難しいもの。

CA側も「仕事中にそんな話をされても……」と困るでしょうし、むしろ常識をわきまえない失礼な人と思われかねません。

 

では、CAは出会いに困っていないのか?

それもNOです。

 

現にこのようなサービスがあり、多くのCAが活用しています。

↓ ↓ ↓

客室乗務員(CA)×男性ハイステイタス紹介サービス『ダブルプレミアム』

 

こちらのサービスは、毎月5名のお相手を自動的にスマートフォンに紹介してくれるものです。

CAと出会いたい男性、また、恋活・婚活中のCAは要チェックですね。

 

さらに婚活に真摯に取り組む方におすすめのマッチングアプリも合わせてご紹介します。

公的な書類(住民票・独身証明書・卒業証明書:短大以上・年収証明書)を 提出できる方しか登録できない、されないので、安心感が嬉しいです。

初期費用も24,840円からなのもありがたい!

↓ ↓ ↓

30代以上を対象とした会員制クラブ【Private Members Club】

 




スポンサーリンク








よく読まれています