登園時間はこんな風に活用してます!ワーママ的、隙間知育法とは?

【もて茶って】試し茶ってください。粉末茶3点セット(抹茶入緑茶・抹茶入玄米茶・ほうじ茶)
月額100円(税抜)~ 容量最大400GB!のレンタルサーバーはロリポップ!
「国内最安級500円」のミニサーバー GMOクラウド ALTUS(アルタス)Basicシリーズ 賢い人のお得なサイト | ハピタス

ながら学習で効率アップ!

娘の送迎はこれまで自転車で行っていましたが、数日前から徒歩に切り替えたというお話をこちらに書きました。

娘は雑草や花、虫、マンホールなど……いろいろなものに興味を示しながら歩くので、かなりのんびりペース。
当初、所要時間は20分程度と想定していましたが、今朝は30分かかって園に到着。

こちらもある程度余裕も持たせて行動しているもののやっぱりヤキモキしてしまい、少し急かしてしまったので、そこは母親としての反省点です。

朝は季節の草花、虫などを観察しながらですが、夜はそういうこともできないので少しお勉強しながら歩きました。
お勉強と言っても、娘は゛そういうつもり”ではなく、単にクイズ感覚として楽しんでいたと思います。

お勉強の内容は数の合成で、具体的には引き算をやってみました。

七田っ子なので、数に関する様々な取り組みに触れていることもあってか、出題した問題はすべて正解。
数に関しては苦手意識を持っていそうだな、と思っていましたが、実際はそれなりに理解はできていることがわかりました。

では、具体的にどのような問題を出したのかを備忘録として書いておきます。

問題の題材は「子供の好きなもの」を使う

楽しくお勉強をさせるポイントの1つとして、子供の「好き」を利用する方法があります。
娘の好きなものはチョコレートなので、私は袋状のチョコレートを使って出題しました。

母「袋の中にあるチョコレートの残りはあと5個だよ。次に〇〇〇さんが1個食べたら残りは何個になるかな?」

娘(手を使って考えて…)「4個!」

これを「0個」になるまで繰り返して行いました。

大人は5という数字がどのような数で合成できるかがわかっているので暗算にすらなりませんが、幼児にとっては5の構成が知識として定着していないので、このようなことを幼児期から丁寧に繰り返していきたいと思っています。

同じ流れで少し前に自宅で割り算的な試みもしてみましたが、それも特に問題なく正答していました。

問題の内容は、その時も娘にとって身近なものを使って

母「ゼリーの残りはあと4個だね~。兄さんとケンカにならないように同じ数ずつ分けるには、1人何個ずつもらえるんだろう?」

娘「2個だよ」

といった塩梅です。
うちの子、どれだけ食べることが好きなんだ(笑)って話ですね。

そもそもお勉強=座学だと思いがちですが、日々のちょっとした隙間時間を使ったほうが親子ともどもリラックスした状態でお勉強ができるので、効率がいいような気がしました。

  • 自然観察ができる
  • お勉強もできる
  • 体力も付く

やっぱり徒歩登園、最高です!!!

◆こちらにより具体的な取り組み内容書いてます

 

今日の記事、参考になったよという方がいらっしゃれば、応援のぽちっをお願いいたします。

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 
育児・共働き ブログランキングへ

お読みいただき、ありがとうございました。

おすすめポイントサイト登録ページ一覧

メルカリ 50円~10,000円割引招待コード ⇒ NRJXPF
メルカリアッテ 300円割引招待コード ⇒ WVJMZBGQ
ラクマ 100円割引招待コード  ⇒ 7436grJQ

スポンサーリンク

こちらの記事もよく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*