これまで言えなかった“本音”とは?

月額100円(税抜)~ 容量最大400GB!のレンタルサーバーはロリポップ!
「国内最安級500円」のミニサーバー GMOクラウド ALTUS(アルタス)Basicシリーズ 
賢い人のお得なサイト | ハピタス
かんたん!マイレージに関するアンケート │ 抽選でAmazonギフトカード1000円分プレゼント

[SFC修行2017の記録]
◆私がSFC取得を決めた経緯、修行プランなどは下記リンクよりご確認いただけます
0:ドS夫から命じられたSFC修行プランにおののく私。~SFCってなに?~
1:ドS夫から命じられたSFC修行プランにおののく私。~初めての修行でいきなり…~
2:ドS夫から命じられたSFC修行プランにおののく私。~垣間見える優しさに騙されない~
3:ドS夫から命じられたSFC修行プランにおののく私。~HNLタッチで解脱します~

4:ドS夫から命じられたSFC修行プランにおののく私。~エアチャイナコールセンター予約から支払まで~
5:ドS夫から命じられたSFC修行プランにおののく私。~修行前に考えたい、女のカラダ~

「本音」が言えない人たち

ホリエモンこと、堀江貴文氏の著書『本音で生きる』を読了しました。
言いたいけど言えないこと……誰にでもありますよね?
もちろん、私にもあります。
で、勝手にモヤモヤを抱えていたりします。

本書は、
「え? なんで? 言いたいこと言っちゃえばいいじゃん!」
というスタンスで書かれているので、著者が言いたいことのオンパレード。
多少過激な表現も混じっていますが、「ん、まぁぶっちゃけそうだよね!! 代弁してくれてありがとう、ホリエモン!!!」という部分もあり、とても痛快でした。

と同時に。
私はまだまだ「本音」が言えていないのだな、という現実にもぶち当たりました。
周囲とのバランスを取ろうとしている自分、相手に嫌な思いをさせるぐらいなら黙っておこうと、つい思ってもないことに同調したフリをする自分、そして、そういう行為をしたくないがために、あるコミュニティからは徹底的に距離を置いている自分。

こんなの全然「ワタシ」じゃない。

本当はわかっているんです、ホリエモンに言われなくても。でも、でも、でも、でも、でも…………この「でも」の数が多い人ほど、胸にグッと突き刺さる一冊です。

ちなみに、「でも」が全くない人います?
そういう人は本書を手に取る必要はありません。
「でも」が1つでもある人は、読んでみると新しい発見というか、改めて自分自身を見つめ直すきっかけが掴めると思います。

だからこそ、この本はベストセラーになったのでしょうね。

ワタシが言えなかった「本音」

せっかくの機会なので、ワタシも自分自身の殻を破るべく、なかなか言えなかった「本音」を1つ披露してしまおうと思います。

“人を「頼る」のと人を「使う」のは別のこと”

ワタシはよくアクティブだよね! と人から言われます。
自分のことはもちろん、家族のこと、仕事のこと、マイルのこと、ポイントサイトのこと、そして大好きなアイドルのこと、その他もろもろ……気になっているものに対して、アンテナを張っている方だとは思います。
そして、それぞれに相応の時間とコストをかけています

そうすることによって得たノウハウは、ブログやSNSを通して発信したり、人から尋ねられて回答するなどの形で還元しているわけです。
と、ここまではいいのですが、たまに「それってどうやるの? 教えて?」と言われることがあります。

「教えて」

って、この質問、一番困ります。
何が困るって、ざっくりしすぎててそもそも何をどこまで知りたいのか、わからないんですもん。

1つ例をあげます。

「海外のホテルの予約ってどうしたらいいの? 教えて?」

と聞かれた場合、皆さんだったらどう答えますか?

「え? ホテルの公式サイトか海外ホテルの予約サイトから予約するだけだけど……。サイトはExpediaでもBooking.comでもHotels.comでも楽天トラベルでも好きなところから選べばいいんじゃない?」

が私の回答です。
というか、それ以上言いようがありません。
質問するのであれば、もう少し具体的に

「海外のホテルを予約したいんだけど、Expediaと楽天トラベルの価格が同日でこれだけ違うの。どっちがいいと思う?」

ぐらいまで自分で調べてくれていれば、

「ハピタス経由するときの還元率がExpediaの方がいいから…」

とか

「楽天の期間限定ポイントを使うつもりなら……」

とか

こちらも回答のしようがあるのに、と少し残念な気持ちになります。
最初の質問の場合は、「教えて」と言いつつ事実上の「丸投げ」ですよね(笑)。
私は旅行代理店業はしていませんので、そういう扱いを受けるのは正直あまり気持ちのいいものではありません。

また、手とり足とり教えることによって、質問者本人の「発見したときの喜び」を奪ってしまいかねないし、そもそも自分でやってないことは身に付かないとも思います。

「本音」をさらしてみたけれど

以上、赤裸々に「本音」をさらしてみました。
人にものを尋ねること自体が悪いとは思っていませんので、そのへんは誤解なきようお願いいたします。

話を書籍に戻します。
実はワタシ、この記事を書いていいのかかなり考えました。

誰かを傷つけることになったらどうしよう……

という気持ちが消えないからです。
誰かを傷つけるつもりは全くありませんし、そういうことがあったからといって知人・友人という間柄に変わりもなく、これまでと同じお付き合いがしたいです。

ただただ、ワタシがそう感じている、というだけの話なんです。

ホリエモンが聞いたら
「そう思うやつには思わせておけばいいじゃん。それで壊れるくらいならそれまでの関係だったってこと!」
と一蹴されるでしょうね(笑)。

「本音」で生きる、ってなかなか難しいなぁ。

お読みいただき、ありがとうございました。

おすすめポイントサイト登録ページ一覧

◆ メルカリ300円割引招待コード ⇒ NRJXPF
◆ メルカリアッテ300円割引招待コード ⇒ WVJMZBGQ
◆ ラクマ100円割引招待コード  ⇒ 7436grJQ
◆ブクマ500円割引招待コード ⇒ 38D54

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 
育児・共働き ブログランキングへ




スポンサーリンク








よく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*