「7+BILINGUAL」七田式英語教材体験談4:コスパを徹底検証してわかった驚愕の結果とは?

29,800円は本当に安いのか?

約1カ月ほど前から娘とゆるゆる~っと始めた「7+BILINGUAL」(セブンプラスバイリンガル)。
「1日7分以上聞かせるだけ」というこの家庭用英語教材のポイントは、七田式教育がベースとなっている点です。
実は七田式で英語を学ぶ方法は「7+BILINGUAL」以外にもあるってご存知でしたか?
そこで今回は、七田式で学べる英語教材2つを比較し、「7+BILINGUAL」は本当にコストパフォーマンスに優れているのかを検証します。

↓ ↓ ↓

7+BILINGUAL公式ホームページを見る

七田式英語教材は2種類ある

七田式で英語を学ぶ方法は、現在2つあります。
1つは私も実践中の「7+BILINGUAL」を家庭で学ぶ方法。
もう1つは七田チャイルドアカデミーの「リトルバイリンガルコース」に通室し、教室と家庭で学ぶ方法です。

「7+BILINGUAL」の特徴

この教材でやることは、「CDを聴いて音読する」というとてもシンプルな内容です。
もともと七田式は暗唱を推奨していますから、この教材でも暗唱ができるようになるために、同じ内容を何度も繰り返して学べる仕様になっています。

他の英語教材のように映像化されたものはありませんので、子どもは聴くことに集中できますね。

あやちん
でも、途中で飽きちゃったらどうしよう? こういうとき、DVDがあると助かるんだけど……

この気持ち、痛いほどわかります。
その場合は、特典のぬりえをしながら、ブロックで遊びながらと「ながら」で取り組んでも大丈夫

マニュアルにも記載されていますが、お勉強は親子共々リラックスした状態で聴くことが大切です

ちなみに、七田チャイルドアカデミーの家庭用教材として「ホームリスニング」というCD教材があるのですが、これもしっかり聴くのではなく、BGMのように流しておけばOKというもの。
ここまでの話ですでにおわかりかもしれませんが、七田式教育はがっつり覚えこませるというよりも、気が付いたら覚えていた状態を作ることができる教育なんですよね。

ですので、本教材を使ってもうたい文句通りに35日でバイリンガルにはなれる可能性は低いと個人的には思っています。
何がなんでも35日で覚えさせなきゃいけないという方以外は、長い目でじっくり教材を使っていく方がいいのではないでしょうか。

私感ですが、「7+BILINGUAL 」最大の長所はまさにここで、

1日7分、「ながら」で取り組むことができる

です。

その一方で、「35日でバイリンガル」を目指すというのは実はかなりハードルが高く、親子ともども相当な覚悟を持って取り組む必要があります

これは本教材の短所としてお伝えしておきます。

↓ ↓ ↓

7+BILINGUAL公式ホームページを見る

「リトルバイリンガルコース」の特徴

七田式のプロから学べる幼児教室七田チャイルドアカデミーで開講されている英語教室が「リトルバイリンガルコース」です。
この「リトルバイリンガルコース」には年齢に応じて計5種類のコースが設定されています。

0~6歳向け
  • リトルバイリンガルコース40
  • リトルバイリンガルコース
  • リトルバイリンガルコース(ライトコース)

リトルバイリンガルコース40はグループレッスン個別指導型でレッスン時間は40分。
リトルバイリンガルコースはグループレッスンステップ式でレッスン時間は50分。
リトルバイリンガルコース(ライトコース)はグループレッスンステップ式で時間は25分。

▼使用教材▼

七田チャイルドアカデミーによるオリジナル教材を使用します。
教材費は実費となり、先生から要請があった時期に購入する必要があります。

あやちん
電話で取材したところ、CDは1枚あたり1,300~1,500円程度だって。12枚揃えると約18,000円かかる計算になるね。

▼レッスンの流れ(50分の場合)▼

来室→ハローソング→フラッシュカード400枚→英語絵本読み聞かせ→英語アクティビティ→基礎概念の理解→英語で歌おう→保護者とのお話プログラム→グッバイソング

小1~小6向け
  • スーパージュニアス バイリンガルコース
  • スーパージュニアス バイリンガルコース(ライトコース)

スーパージュニアス バイリンガルコースは無学年ステップ方式で60分授業。
スーパージュニアス バイリンガルコース(ライトコース)は無学年ステップ方式で30分授業。

▼使用教材▼

リトルバイリンガルコースと同様に教材費用は実費です。
料金はリトルバイリンガルコースもスーパージュニアス バイリンガルコースも同程度とのことでした。

アルファベット学習からスタートし、フォニックスの理解、単語レベルでの理解、文章レベルでの理解、英文法の仕組みの理解といったように、幼児期よりもじっくり、しっかりと理解して進めるテキストです。
このテキストで一歩ずつしっかり進めると、5年目のテキストへ進む頃には英語で他教科を学ぶ力がついています。
目安として、英検5級レベルから英検準1級レベルを自分の持つ英語の理解度に合わせて進級していきます。(公式サイトより)

▼レッスンの流れ▼

来室→レッスン前に100単語の音読チャレンジ→あいさつでレッスンスタート→イメージトレーニング→英語で音読→音読しながら書きの練習→パソコンを使って高速学習→宿題の確認と終わりのあいさつ→保護者への説明

コースごとの違いはあるの?

リトルバイリンガルコースはレッスン時間が50分、40分、25分と3種類。
スーパージュニアス バイリンガルコースは60分、30分と2種類それぞれ用意されています。
この違いはなんなのかを事務局にお電話して聞いてみました。

【事務局の回答】
コースはご両親がお子様にどの程度英語をやらせたいかによって選んでいただいています
レッスン時間が40分のリトルバイリンガルコース40は、個別指導となるため、教室によっては開講していない場合がありますので、ご注意ください。
また、時間によってコース内容をどのように変えているのかは、その教室の室長、教師の考えによって異なりますので、最寄りの教室にお尋ねください。
教材購入タイミングも教室によってまちまちとなります。

あやちん
小学生向け英語コースは宿題がしっかりあるんだね! それにレッスン前に100単語の音読は慣れるまでハードそう。いきなりスーパージュニアス バイリンガルコースから始めるのではなく、リトルバイリンガルコースに通ってた人が持ち上がるイメージなんだろうな。

「7+BILINGUAL」と「リトルバイリンガルコース」の費用を比較

入会金受講料教材費管理費
7+BILINGUAL0円0円29,800円0円
リトルバイリンガル 21,600円 15,120円 約1,620円 2,376円

※「リトルバイリンガルコース」の受講料及び教室維持管理費、教材費は月額です。

【年間総額比較】

  • 7+BILINGUAL 29800円
  • リトルバイリンガル 250,992円

※「リトルバイリンガルコース」2年目以降は入会金不要のため年間総額229,392円になります。

あやちん
改めて計算してみてビックリ! やっぱり通学はかかるコストが違うね。

どちらも同じ七田式教材なのに……

同じ七田式がベースの教材なのに7+BILINGUAL」は「リトルバイリンガルコース」の89%オフで購入できることのすごさを改めて感じる結果となりました。

もちろん通学することのメリットもあるかとは思いますが、いきなりこれだけの金額を使う習い事を始めるのは親として覚悟がいりますよね
そして「7+BILINGUAL」の場合は家庭で取り組む教材なので、どうしても不安や疑問、迷いなど生じることがあると思います。

通学していればその場で先生に聞けるということが1つのメリットになりますが、「7+BILINGUAL」は購入特典として1年間回数無制限の「英会話・教育・子育てなんでも相談電話チケット」がもらえるので、通学したときと変わらず、七田式教育のプロに直接いろいろなお話を聞くことができます。

また通学した場合、通学している限り費用が発生します。
当然ながら、お子様が英語を身に着けていようがいまいが関係ありません。

一方「7+BILINGUAL」は、購入から60日間で英語が上達しなかった場合、全額返金保証があります。

あやちん
うちと同様に兄弟がいるご家庭は上の子も下の子も利用できるから、よりコストパフォーマンスは上がるよね! 全額返金保証があるから、英語が身に着かなければ返金してもらえる安心感は半端ない!

「7+BILINGUAL」キャッシュバックキャンペーンのご紹介

到着した教材を確認して驚きましたが……「7+BILINGUAL」では現金5,000円キャッシュバックされるキャンペーンが実施中です。

あやちん
英語教室に通学した場合は年間約20万円かかるって上の表にあったよね。その点、税込・送料込、しかも追加料金なしで29,800円というだけでもお買い得なのに、さらにキャッシュバックされちゃうなんてうれしいね!

しかも期間限定で3人に1人という高確率で現金10,000円キャッシュバックがもらえる可能性もありますよ。

おわりに

「7+BILINGUAL」の料金を改めて検証してみましたが、いかがでしたか?
誰でも受けられる5,000円キャッシュバック分を差し引くと教材費は24,800円となります。

七田チャイルドアカデミー入会金と受講料以下の金額で、英語を効果的にインプットできる「7+BILINGUAL」。

かなりコストパフォーマンス高い商品だとわかって購入者として安心しました(笑)。

本教材レポートを随時更新中です。
お時間ある方は併せてお読みください。

「7+BILINGUAL」七田式英語教材体験談3:教材の進め方徹底解説

2017.12.21

「7+BILINGUAL」七田式英語教材体験談2:「ぬりえ」特典がある理由

2017.12.19

「7+BILINGUAL」七田式英語教材体験談1:4歳娘が英語を話した日

2017.12.17

「7+BILINGUAL」七田式英語教材口コミ徹底調査【35日でバイリンガルってホント?】

2017.11.30

七田式教育の効果は?七田っ子ママの本音、お話します

2017.03.23


返金保証付きは公式サイト限定特典!

\「7+BILINGUAL」公式サイトはこちら/

↓ ↓ ↓

7+BILINGUAL公式ホームページを見る

お読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もよく読まれています



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*