子どものやる気を引き出す、魔法の○○○○とは?〜親のかける一言が我が子を変える〜

月額100円(税抜)~ 容量最大400GB!のレンタルサーバーはロリポップ!
「国内最安級500円」のミニサーバー GMOクラウド ALTUS(アルタス)Basicシリーズ 
賢い人のお得なサイト | ハピタス

[必読]
国際線特典航空券利用で旅行費用を54万円節約した話と、フルタイム勤務のワーママが隙間時間を使って1年間で35万マイル稼いだ方法とは?

[SFC修行2017の記録]
◆私がSFC取得を決めた経緯、修行プランなどは下記リンクよりご確認いただけます。
SFCって? 修行ってなに? という方の疑問にもお答えします。
『ドS夫から命じられたSFC修行プランにおののく私。』シリーズ

[くもんの無料体験5月開催!]
◆兄妹そろってくもん生な我が家のくもんレポートはこちらからどうぞ。

もうすぐ全統小ですね

全国統一小学生テストこと、全統小がだんだんと近づいてきました。
全統小はリトルオープンテストほどではないものの、非塾生にとって不利な状況であることは、経験上理解しています。

では、非塾生としてできる対策はないのか?
結論から言うと……まったくないわけではありません
先日こちらの記事に非塾生向けの対策法を記載しましたので、気になる方はご覧ください。

◆全国統一小学生テスト関連記事
全国統一小学生テスト申し込みました!非塾生ができる模試対策とは?

かくいう我が家は、日々の取り組みで時間が取られることが多いので、結局模試対策はできていません。
ただし、対策授業にだけは申し込みしましたので、後日参加してきます。

新塾でのカリキュラムを通し、算数に関しては本人も苦手意識はないものの、悲しきかな国語力が小3とは思えない程度しかありません。
算数であれば「問題の意味がわからなかった」とか平気で言いそうです。

ただでさえ精神面の成長がゆっくりな男子なので仕方がないと割り切り、課題を洗い出すつもりで挑んでもらえればそれで良しとします。

ただ、唯一救い? なのが……

塾講師の言葉と1冊の書籍に救われた!?

塾の保護者会時に担任の先生がお話しされていたのですが……

「男の子は小6の2学期までは本人の受験するという自覚もなく、またこの時点では作文なども苦手な子がほとんど。個人差はあれど、脳の発達具合も女子とは違うので、焦って知識を詰め込んでも意味がありません」

兄さんは成長が早い方ではないので、多分このパターンで受験直前までのほほんとしていると思います(笑)。
とはいえ、何もしなければ国語力もアップするはずがないので、日々の会話をより意識して親子で論理的な会話ができるようになりたいものです。

そんな中、こんな1冊に出会いました!

スポーツメンタルコーチ、藤代圭一先生の著作です。
子育て、教育関連書籍の読書はもはや趣味の一環であり、相当な数の書籍を読んできましたが、中でも
本書は「親(大人)がどう働きかけたらいいのか」が明瞭完結に書かれており、とてもわかりやすかったです。

Amazonに掲載されている、商品紹介を見てみましょう。

「子どもたちにサッカーの指導をしているけれど、なかなかな効果があらわれない」
「息子が野球をはじめたいと言うからチームに入れたのに、やる気が見られない」
「なんでも親まかせ、他人まかせ。自分で考えて行動しようとしない」
サッカーや野球といったスポーツに限らず、習い事や勉強など、
子どもたちのやる気を引き出すのは難しい……。
「どうしたら、子どもたちがやる気を出してくれるんだろう?」
実はこれは、数年前までスポーツ指導の現場にいた私自身の悩みでした。
課題を解決すべく、毎日子どもたちと向き合うも思い通りにはいきません。
そんな中、ある出会いと気づきが転機となりました。

「教えることをやめる。」

教えよう、教えようとしていた自分を変え、子どもたちに効果的な〝しつもん〞をする
たったそれだけで、子どもたちの目が輝き出し、みるみる能力を発揮するようになっていったのです。
この本は、スポーツの指導者、コーチ、学校の先生や保護者の方のお悩みを、
七つの〝しつもん〞で解決していこうという本です。
教えることをやめるってどういうこと?
どうして質問で解決できるの?
質問と〝しつもん〞ってなにか違いがあるの?
この本を手にとってページをめくりはじめたばかりのあなたの頭には
?マークがたくさん浮かんでいると思います。
この本を通じ、その一つひとつにお答えしていきます。
「はじめに」より

私が気になった部分を太字にしてみました。
「教えることをやめる」
とても勇気がいることだと思います。
と同時に、私はこれまで兄さんに「教えすぎていた」ということにも気づいてしまいました。

「わからないことを教える」のは特別悪いことではないかもしれません。
ただ「どうしたらいいと思う?」と問いかけ、徐々に考える習慣をつけていくことによって、自ら考え、自ら動ける子になるという先生のお話はとっても納得できました。

実は以前も記事にしたことがあるのですが、兄さんには指示待ち傾向があり、とても危惧しています。
それはきっと私たちが話の中でそのように接してきてしまった結果です。

なので、さっそくこの本に書かれていたことを実践してみることにしました。
学校の宿題になかなか取りかかれない時に、塾の宿題が理解できずにグズっている時に、これまでだったら

「やらなきゃいけないことに変わりはないのに、なんで取り組めないの?(Why?)

というような声かけをしていたと思います。
ところが、本書をきっかけに

母「やらなきゃいけないってわかってるけど、なかなかやる気になれないのは辛いね。(共感)どうしたらいいかな?(How?)
兄「……わかんない……」
母「そっかぁ。わからないっていうのも1つの答えだもんね、うん(肯定)

すると、兄さんはそそくさと課題に向き合いました。
ただ、聞いて欲しかっただけなのかな?(笑)

でも、声かけの内容を変えようと意識し始めたことによって、家庭学習におけるバトルが圧倒的に減りました
受験をきっかけに親子の関係性が悪くなる、というような話をよく聞きます(そしてそういうご家庭ほど結果も不本意なものになっていることが多いような?)が、本書はそうならないために親ができること、声かけの内容、目的に応じてどんな「しつもん」をするべきかがしっかりと書かれています。

◎本書はこんな方におすすめです

・親子ゲンカを減らしたいと思っているパパ&ママ
・子どもの本音がわからない……とお悩みのパパ&ママ
・子どもが自ら考え、行動できるように育てたいと思っているパパ&ママ(その他指導者全般)
・我が子にどんな声かけをしたらいいのか、より具体的に知りたいと思っているパパ&ママ
・子どものやる気を引き出したいと思っているパパ&ママ(その他指導者全般)

また、私が子育てにおいて参考にしている書籍は以下のとおりです。
『理由ある反抗』は『親業』の派生版となりますので、まずは『親業』を読むとより理解が深まります。

こうして改めてみると私、我が子たちには「自ら考え、行動できる子」に育ってほしいと思っているようです。
我が家の教育方針が透けて見えてきますね(笑)。
子育てに関しては悩みがつきませんし、きっと一生そうなのだろうなとは思うのですが、自分自身が親として後悔しないためにも、試行錯誤しながらとにかく前進していきたいと思います。

◆本をどこよりもお得に購入する方法を徹底紹介!
驚異の7%還元!+全品送料無料!教育パパ&ママにこそおすすめしたいお得度マックスのハピタス堂書店とは?

お読みいただき、ありがとうございました。

おすすめポイントサイト登録ページ一覧

メルカリ 50円~10,000円割引招待コード ⇒ NRJXPF
メルカリアッテ 300円割引招待コード ⇒ WVJMZBGQ
ラクマ 100円割引招待コード  ⇒ 7436grJQ

にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 
育児・共働き ブログランキングへ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*